仮想通貨

トークンとは?意味や仮想通貨との違いについて分かりやすく解説!

投稿日:2018年1月26日 更新日:

仮想通貨について知識がついてくると必ずたどり着くのが「トークン」です。Zaif取引所の取引画面を開いてはじめて疑問を持つ方もいます。Zaifトークンやペペキャッシュ、カウンターパーティなどTwitterでも話題に出てくることがありますが、これらはZaif取引所ではトークンとして扱われています。

ここで紹介するのはトークンの意味だけではなく、トークンの相場を知ることで投資の幅を広げることができるのです。最近話題のICOについても触れていますので今後の仮想通貨取引の参考になれば幸いです。

 

トークンとは

トークンの意味や、どういった時にトークンと呼ばれているかを解説します。

 

トークンの意味

トークンは英語では「token」と書きますが、wikipediaで調べると「通貨の代わりになる代用貨幣」と書かれてあります。例えばLINEアプリでは有料のスタンプが売られていますが、スタンプを購入するには「LINEコイン」を買う必要があります。少し前まではこういった資産価値のことをトークンと言われることがありました。

トークンの意味は仮想通貨というカテゴリを外れると、電車やバスの切符、むかし懐かしの公衆電話で使うテレフォンカード、コンサートや映画館のチケットなども一種のトークンと言えます。つまり法定通貨から紙や電子マネーに変えた状態がとてもトークンに似ているのです。

 

仮想通貨取引でのトークン

トークンは仮想通貨の一種です。そのためビットコインと同様に価格変動しますので、買ったときより価値が上がることがあります。トークンは主に分散型アプリケーション(Dapps)で使われるブロックチェーン上で発行した独自通貨のことを指すことがあります。

 

最近でのトークンの意味は変わってきている

最近では主にICOで売り出される仮想通貨をトークンと呼びます。ICOはトークンセールと呼ばれることもありますので、ICOで使う仮想通貨という意味合いが強くなってきました。企業はホワイトペーパーと呼ばれる決算書または事業計画書のようなものをネット上に用意し、投資家たちにイーサリアム等を送金してもらい代わりにトークンを渡します。

投資家たちもそこまで意識はしていないでしょうが、上場前のコインを「トークン」と呼び上場後のコインを「仮想通貨」のように捉えているようにも見えます。将棋でいうと成金のようなイメージですね。

 

仮想通貨とトークンの違い

仮想通貨とトークンには違いがあるのかを説明していきます。

 

大きな違いはない

例えばイーサリアムとはプラットフォームの名称であり、そのブロックチェーン上で発行されるのがイーサ(ETH)です。Zaifトークンやビットコインも全てトークンといえばトークンなのです。仮想通貨業界でのトークンの意味が定義されていませんので、ややあいまいになっているのが現状です。

日本で人気のNEMは企業の名前であり、プロジェクトの名前です。発行される通貨はZEMと呼ばれています。

 

細かいイメージの違い

仮想通貨は投機的な目線で買うことが多いですが、トークンの方がやや「応援」に近いものを感じます。クラウドファンディングでは寄付や、製品の購入に使われることがありますが、上場前のトークンはクラウドファンディングよりな立ち位置にいるように感じられます。

仮想通貨はもちろんじっくりプロジェクトを調べてから購入する方もいますが、中にはチャートだけを見て「価格が上昇してるから買った」という方もいます。筆者もそのようなイナゴに乗ったことはあります笑

上場前のトークンはもちろん価値がないに等しいので、じっくり調べて「プロジェクトや思想に賛同したから買った」となることが多いはずです。言い換えればそのプロジェクトのファンになったともいます。個人的にはこのようなイメージの違いがあると考えています。

 

上場前のトークンの買い方

トークンの買い方は、先ほどの「ICOとは」の記事に詳しい説明はありますが、主にICOのまとめサイトから申し込むことができます。

 

ICOまとめサイトの紹介

サイト名 URL
COINJINJA(日本語対応) https://www.coinjinja.com/
ICO NEWS(日本語対応) http://ico-news.jp/
cointelegraph.com https://jp.cointelegraph.com/ico-calendar
ICO countdown http://www.icocountdown.com/

中でもICO countdownでは比較的人気です。サイト名からわかるようにICOの終了期間が秒単位でカウントダウンされているので分かりやすいです。

 

日本の取引所でも買えるトークン

出典:Zaif取引所

一番有名なのはZaif取引所で取り扱っている「zaifトークン」です。その他にもICOと直接関りが深いCOMSAトークンなど他の取引所にはないトークンがたくさんあります。

 

zaifトークンとは

zaifトークンとはZaif取引所を運営するテックビューロ株式会社が独自発行しているトークンで、日本円やビットコインで買えることができ、zaifトークンはCOMSAトークンを購入することができます。

 

人気のXCP(カウンターパーティ)

XCPトークンは去年の10月頃までは1XCP=1,000円以下でしたので、そのとき10万円買っていれば最低でも6倍の60万円になっています。

カウンターパーティとは発行上限数が260万と発行数が少ないので、他の仮想通貨よりは価値があがりやすい傾向があります。カウンターパーティを簡単に説明するとビットコインのブロックチェーンを利用して仮想通貨を発行できるプラットフォームのことです。XCPは使われる度になくなるので、将来的には希少価値がもっとでることが期待されます。

このように魅力的なトークンがありますので人気の仮想通貨ばかりを調べずに、様々なトークンや仮想通貨の情報を知った方が世界が広がります。

 

まとめ

仮想通貨はトークンなど専門用語が多いですが、ひとつひとつ調べていけば仮想通貨の世界にどんどんのめり込んでいきます。とはいっても人によっては「稼げる情報だけ知りたい」とか「ブロックチェーンの仕組みに詳しくなりたい」など様々です。うまく稼ぎながら様々な仮想通貨の仕組みにくわしくなれるとよいですね!

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カイチョー

カイチョー

ブログ訪問ありがとうございますm(_ _)m 東京在住・Web業界の30代サラリーマンです。 ポリシーとして出来る限り体験した経験をもとに記事を書いているのと、「事実性」と「ちょっとしたユーモア」を大事にしています。 スマホの方は右下の青い三角マークをタッチすると一番上に戻れますので、そこからメニューボタンを押すとおすすめのアルトコイン記事が見れますので参考にしてくださいね。

-仮想通貨

Copyright© 仮想通貨ドリーム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.