ビットコイン

ビットコイン買うならどこ?ビットコインを1,000円から買える最大手はココだ

投稿日:2018年2月28日 更新日:

 

ねぇねぇカイチョー、ビットコインってどこで買えばいいの?
ビットコインは仮想通貨の取引所で買えるんだ。
それは知ってるんだけど、おすすめが知りたいの。
それならbitbankという取引所がいいよ。
アタシでも簡単にできる?
買うだけなら難しい操作はないから大丈夫だよ。
そっかー。じゃ教えて~。

2018年も何かと話題の尽きないビットコインですが、いざ買おうとしてもどこで買っていいかわかりません。どうせ買うなら信頼できるセキュリティが高い取引所を選びたいですよね。

そのため、ビットコイン購入を考えている場合は手数料無料キャンペーンを行っている「bitbank」をチェックしてみてください。カイチョー(筆者)も実際に使い続けている優良な取引所です。

※身分証明書が健康保険証しかない方は、GMOコインであればアカウントが作れます。

 

1番おすすめできるbitbank

bitbankは東京の五反田に本社があり、金融庁の認可を受けて営業しています。

bitbankの口コミ・評判を見たい方は次の記事を読んでみてくださいね。

 

bitbankのアカウントの作り方

取引所のアカウントってお金かかるの?
特に維持費などはかからないから、無料で作れるよ。
なら良かった。

まずはbitbankの公式サイトを開いてね。

画面上にアプリダウンロードが表示されるけど、

先に①メールアドレスの入力をして

②「無料講座開設」をタッチしましょう。

次にセキュリティの関係で、画像を選んでタッチするのが3枚ぐらい表示されますが、指示の通り進めれば問題ないです。

 

画像をタッチするのが終われば次の画面に変わります。

 

登録したメールにbitbankからメールが来たら、URLをタッチします。

 

次はパスワードを決めます。忘れないように紙にメモしておくか、スマホのメモに入れておきましょう。

パスワードを2回入力して(好きなパスワードを英語と数字で作ります)、3つの項目にチェックを入れてグリーンの「登録ボタン」をタッチすれば、アカウントはできます。

 

本人確認

取引所というのは、ある意味銀行に近いので「本人確認」をする必要があります。

ここでbitbankのスマホアプリをダウンロードします。

さっき作ったアカウントでログインしてくださいね。

運転免許証の場合は裏面もアップロードする必要があるので注意しましょう。

ほかはパスポートか住民基本台帳カードがあれば登録ができます。

 

 

ビットコインを買うならbitFlyer(※現在新規登録を停止中)

ビットフライヤーは2017年に六本木のミッドタウンにオフィスを移動させ、最近ではアメリカとヨーロッパにも仮想通貨取引所をオープンさせる計画があります。

三井住友銀行やみずほ銀行などのメガバンクや大手GMOが主要株主で、資本金が41億円と文句なしで日本国内ではダントツです。

他社と細かく比較したい方は「ビットコイン取引所おすすめ3社を比較! 実際に1ヶ月使用して評価しました」のページを参考にしてくださいね。

 

bitFlyerはアプリが使いやすい

一度ログインしてしまえば毎回パスワードを入力する手間もなく、すぐにチャート画面になります。赤い丸で囲ったところをタッチするだけで購入画面に切り替わります。

またこの画面で左右に動かすと大きいチャート画面や、取引の履歴なども見ることが出来ます。こういった操作性は他の取引所より使いやすいのです。

 

簡単にビットコインが買える

購入画面になったら、買いたい数量を入力するだけです。最低数量の「0.001」を入力してみました。この日はビットコイン価格が少し上がっていたので、1,166円でした。

数量を入れた状態で画面下に「買うボタン」がありますので押して完了です。たったこれだけで購入できるので初心者にやさしい設計ですね。

 

人気のモナコインも買える

先ほどの画像のように仮想通貨はビットコイン以外もたくさん存在します。中でもMonacoin(モナコイン)は日本国産の仮想通貨であり、コミュニティサイトであげたり、貰ったりすることが普通に行われている珍しいコインです。

bitFlyerでは人気がある仮想通貨を取り扱うようにしており、2018年になってからは「LISK」を取り扱うようになりました。個人的にはイチオシの仮想通貨です。

ビットコインは100万円以上しますので少額だけ買っても利益を出すのが難しいですが、モナコインやLISK(リスク)は安く買えるので、1万円だけでも数枚購入することが可能です。

 

bitFlyerのアカウント作成方法

まずはbitFlyer公式サイトを開きます。右上のログインを押して進めましょう。

 

「無料アカウント作成」が表示されますので、さらに進めるとメールアドレスを入力する画面に切り替わります。

 

Facebookアカウント等で作ることも出来ますがセキュリティ上おすすめ出来ないので、パスワードはオリジナルで20文字以上のランダムな英数字で作ることを推奨します。

メールが来ましたらパスワードを決めて、アカウント作成は完了です。パスワードはとても重要なので紙にメモするなど、必ずどこかに控えておくことをおすすめします。アカウント作成が出来たらbitFlyerのアプリをダウンロードしてログインしてみましょう。

アプリにログインできたらメニュー画面から、個人情報の登録と免許証などの身分証アップロードをすぐにやってしまいましょう。最終的には自宅に本人確認のハガキがきますので、それを受け取ればすべての機能を使うことができます。

全て終わったら、セキュリティを上げるために必ず二段階認証を設定しておきましょう。2つ目のパスワードのようなものです。

bitFlyerから届くハガキ

bitFlyerの評判や、bitFlyer経由で買い物をするとビットコインがもらえるなどの詳細は下記の記事を参考にしてくださいね。

 

取引所ごとの違い

日本国内には約16社の取引所が運営を行っていますが、それぞれ何が違うのか説明していきます。

 

取り扱い仮想通貨の種類が違う

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などはどこの取引所でも買うことが出来ますが、先ほど挙げたモナコインは限られた取引所でしか買うことができません。

例えば人気の2社、bitFlyerとZaif(ザイフ)で比べてみると

・bitFlyerでしか買えない仮想通貨

Lisk、イーサリアムクラシック

・Zaifでしか買えない仮想通貨

ネム(Nem)、Zaifトークンなど

このように取り扱い仮想通貨に違いがあります。

 

手数料の違い

bitFlyerはビットコイン以外の仮想通貨を購入すると手数料がやや高めです。Lisk以外は他の取引所で購入する方が少しお得になります。1万円分ぐらいであれば、そんなに差はないので気にしなくても良いですが、10万円以上買いたいという場合は手数料が安いZaifがおすすめです。

 

専用アプリが使いにくい取引所もある

bitFlyerやコインチェックなどは専用スマホアプリが好評です。GMOコインやDMMbitcoinはアプリはありますが、アプリからだと、ビットコイン以外を購入することが出来ない場合があるので、少し不便さがあります。

 

手数料の安いZaifもおすすめ

 

Zaifは手数料が安いというメリットがありますが、操作性に関しては初心者には少し難しい部分があります。bitFlyerをすでに使っている方やパソコンに詳しい方であれば問題ありませんが、1番はじめからZaifはハードルが上がります。実際に私も慣れるまで数日かかりました。

zaifはユーザー同士の取引ができる板の機能がビットコイン以外でも使えます。手数料を抑えたい方や買える仮想通貨の幅を広げたい場合はアカウントを持っておくことをおすすめします。

 

ビットコイン手数料が他社より安い

ビットコインを買うとマイナス手数料が付きます。これは買い物をしたらポイントが付くように、ビットコインの購入金額の0.01%分のビットコインをもらえるボーナス設定があります。

※マイナス手数料は終了となりました。

 

操作に慣れれば良い取引所

初心者には少し分かりくい点があったり、サーバーが重かったりすることはありますが、ある程度操作を覚えてしまえば仮想通貨をお得に買うことができるので「良い取引所」というのが結論です。

専用アプリを開く時に毎回パスワードを入力しないといけないので、そこは改善して欲しいところです。

 

忙しい人はコイン積立が最適

仕事や家事、プライベートが忙しい方はチャートをマメに見ることができません。そんなサラリーマンや主婦の方におすすめなのが「Zaifコイン積立」です。

毎月1,000円から積み立てることができ、銀行口座からZaifが自動的に引き落としをしてくれて仮想通貨をあなたの代わりに買ってくれます。数日に分けて、安いときには多く買い、価格があがった時には少なく買うなどうまく平均を取ってくれるシステムです。

好きなタイミングで売ることが出来ますし、いつでもZaifから自分の口座にお金を戻すことも可能です。

もしZaifを使ってみて「難しいな」と思ったら、この機能を使ってみてください。

 

Zaifのアカウント作成方法

まずはZaifの公式サイトを開きます。メールアドレスを入力して登録ボタンを押しましょう。

Zaifからメールが来たらパスワードを決めましょう。他で使っているパスワードは使いまわさないようにオリジナルで20文字以上で作ることをおすすめします。

詳しくは「Zaifの登録方法からアプリの使い方まで徹底解説」で解説していますので参考にしてください。

※アカウント作成が出来ましたら、取引がすぐできるように本人確認(身分証明証のアップロード)をすぐに済ませておきましょう。

 

まとめ

初心者にまずオススメしたいのがbitbankです。セキュリティ面でも安心して資産を預けることができます。

ある程度慣れてきたら次はZaifに挑戦して欲しいです。中級者以上は必ず使っている取引所ですので、人によってはメインの取引所になる可能性もあります。

アカウント作成が完了しましたら、次に行うのは本人確認と入金です。bitFlyerもZaifもコンビニ入金に対応している数少ない取引所です。もちろん銀行振り込みも可能ですので、ネットバンクがあると一番簡単に振り込むことが出来ます。

ワンポイントアドバイス

ビットコインを始め、仮想通貨投資は投資額を大きくし過ぎないように余剰金で楽しみましょう。貯金がゼロになって家賃や光熱費が払えないなんてことはならないように注意しましょう。

1回儲かってしまうとついついお金を出したくなるのが人間です。自分で上限金額を決めて、うまくストップをかけてくださいね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カイチョー

カイチョー

ブログ訪問ありがとうございますm(_ _)m 東京在住・Web業界の30代サラリーマンです。 ポリシーとして出来る限り体験した経験をもとに記事を書いているのと、「事実性」と「ちょっとしたユーモア」を大事にしてまっする。

-ビットコイン

Copyright© 仮想通貨ドリーム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.