モナコイン

モナコインの換金・現金化する方法を分かりやすく解説

投稿日:2018年2月26日 更新日:

多くのコミュニティがあるモナコインは、投げ銭の文化があるので貰ったりあげたりするのが当たり前になっていますよね。

Ask Mona(アスクモナ)やマイニングで貯まったモナコインを換金・現金化するには取引所のアカウントが必要になります。また取引所のアカウントがあれば自由に売買することも出来ますので、手持ちのモナコインがなくなった時に補充することも可能です。

すでに取引所でモナコインを購入している方は「取引所で売って日本円に換金する」の項目から読み進めてください。※目次でスキップできます。

今回はモナコインの換金方法について詳しく解説していきます。

 

モナコインの換金方法

まずは流れから確認していきましょう。

 

換金までの流れ

モナコインを換金するのはとてもシンプルで、1回体験すれば自然と覚えられます。ウォレットとは仮想通貨のお財布のことで、メールアドレスのように送受信が可能です。

 

 

持っているウォレットから送金

今回はAsk Mona(アスクモナ)からの出金を例としますが、他のウォレットからでも同じ方法で送金ができます。メールを送る時のように、現在モナコインがあるウォレットアドレスは気にせずに、送り先のウォレットアドレスをコピペするだけです。

まずはAsk Monaにログインしたら真ん中のマイページのボタンを押します。

 

少し下にスクロールすると「MONAを出金する」と「登録Monacoinアドレス変更」の項目があります。ウォレットアドレスを既に登録している場合は出金ボタンをクリックするだけ出金(送金)されます。

もしbitFlyerに登録していて、Zaifに変更したいという場合は「アドレス変更」の項目から出金先を変更しましょう。後で詳しく解説しますが、Zaifの方が少しだけお得に売買が出来ます。

あまり手間をかけずにシンプルに売りたいという方はbitFlyerが最適です。

 

 

ask Monaの送金手数料

Ask Monaから出金する場合は0.001Monaだけ送金手数料がかかりますので注意してください。

ワンポイントアドバイス

送金アドレスを間違ってしまうと、仮想通貨が取り戻せなくなることがあります。初めて送金する場合は、無くなってもよいぐらいの少量でテスト送金してみてください。

コピペするときに違うアドレスを入力しないように注意しましょう。仮想通貨はそれぞれの専用のウォレットアドレスがあります。

 

取引所で売って日本円に換金する

モナコインを換金できる取引所で、おすすめはbitFlyerとZaifの2社です。アカウントを持っていない場合は作りましょう。アカウントの作り方は「ビットコインを日本円に換金する方法を解説!」を参考にしてください。

bitFlyer・・・初心者におすすめ、誰でも簡単にモナコイン売買ができる。スマホアプリが分かりやすい。

Zaif・・・全くの初心者には少しだけ分かりにくいが、少しだけお得にモナコインを売買できる。

bitFlyerアプリの売買画面です。

  1. 売りたい数量を入力します。
  2. 「売るボタン」を押すと確認画面が出ますので「注文確定する」ボタンを押して完了です。

 

Zaif(ザイフ)アプリの場合

取引画面で左上のBTC/JPYをタッチして、通貨の一覧が出たらMONA/JPYを選択します。

 

モナコイン取引画面に変わりましたら「現物売り」をタッチします。現物売りとはFXではない通常の売り方です。

Zaifの登録の仕方や、細かい操作方法は「Zaifの登録方法からアプリの使い方まで徹底解説」を参考にしてください。

Zaifでの細かい売り方に関しては「Zaifの販売所と取引所の違いをメリット・デメリットを含めて徹底解説!」で解説しています。

 

自分の銀行口座に振り込む

・bitFlyerの場合

自分の銀行口座に振り込むことは「出金」といいます。詳しくは「ビットコインを日本円に換金する方法を解説!」を参考にしてください。

・Zaifの場合

ログインしましたら、右上のメニューボタンをタッチしてアカウントを選択します。

 

出金の前に自分の銀行口座を登録する必要がありますので「¥」マークをタッチします。

 

薄い表示ですが紙飛行機の「出金」をタッチします。

 

「こちら」を開きます。

 

銀行口座の登録画面が出ますので、キャッシュカードや通帳を見て入力しましょう。一番上のラベルは自分がわかりやすいように付けるタイトルのようなものです。銀行の名前でもOKです。

 

銀行口座が登録できたら、もう一度かみひこうきの「出金」をタッチしてください。

あとは出金したい金額を入力して、二段階認証している場合は番号を入力して出金完了です。

 

 

モナコイン取引所の手数料比較

先ほどはおすすめポイントだけでしたが、換金までにかかる手数料を比較してみました。

 

取引手数料

取引所 現物取引手数料
bitFlyer 無料
Zaif maker 0% taker 0.1%

maker:指値注文で買うこと(自分で価格を指定する) taker:板にある注文で買うこと(取りにいく)

表だけ見るとbitFlyerの方が手数料がかからないように見えますが、bitFlyerの場合は購入金額に手数料が含まれています。ほとんどの場合でZaifで購入した方がお得に購入することができます。少量の場合は差額がほとんど出ないので、そこまで気にしなくても問題ありません。

 

出金手数料

取引所 出金手数料
bitFlyer  216円~756円(税込) ※1
Zaif  350円~756円(税込)

bitFlyerは出金額が3万円未満で、三井住友銀行の場合は216円で出金が可能です。Zaifは一律で350~756円の設定です。

 

今後モナコインや他の仮想通貨を買う場合

・手間をかけずにシンプルに売るだけの方は、アプリ操作が簡単なbitFlyerが最適です。電車やお昼休みなどにササっと売買できるのが嬉しいポイントです。

・手数料をお得にしたい方や、今後別の仮想通貨に興味が出て売買をする可能性がある方はZaifが向いています。

ZaifはbitFlyerのようにシンプルに売り買いができる販売所だけではなく、ユーザー同士で取引ができる板の機能を持っています。最初だけ分かりにくい部分がありますが慣れればなんてことはありません。取引所によって取り扱い通貨が違うので、複数の取引所のアカウントを持つ方がほとんどです。

もし両方のアカウントを持つ場合は先にbitFlyerの操作に慣れておくとZaifの操作に慣れるのが早くなります。取引所は操作が似ている部分があるので、2つ3つと使っていくと、使い勝手の違いが分かります。取引所のアカウント維持費は無料ですので、是非色々な取引所を使ってみてください。

 

モナコインにかかる税金

税金は気になるところですよね。必ず覚えて欲しいポイントをまとめました。

 

確定申告は必要か?

仮想通貨の取引でプラスになった分は、サラリーマンですと雑所得に区分されます。しかし一定の金額内であれば確定申告の必要がありません。

例えば2017年の1月~12月での仮想通貨の利益が20万円未満である、もしくは仮想通貨を日本円に換金していない。ということであれば税金はかかりません。とはいえ、ずっと利益を確定しないと価値が下がる可能性があるので注意が必要です。

金額ごとの税率は「ビットコインの消費税が非課税になった理由とは?」で詳しく解説しています。

 

もらったモナコインの税金は?

Ask Monaなどでもらったモナコインは贈与税になるので、1年間のトータルが110万円以下であれば税金はかかりません。しかし法人からの贈与は、所得税がかかりますので注意してください。

国税庁:贈与税がかからない場合も参考にしてください。

 

仮想通貨決済の場合は?

モナコインは秋葉原パソコンショップのark(アーク)などで、モナコインのままで決済が可能です。この場合も日本円に換金したと見なされて、課税対象です。

仮想通貨の税金について注意!

仮想通貨関連の法律はまだまだ変更される可能性があります。必ず税務署で正確な情報を聞いて間違いが起きないようにしましょう。

 

まとめ

今回はモナコインの換金方法を紹介しました。

送金方法や板での売買など1度体験してしまえば、難しくないことが分かります。仮想通貨ごとに送金スピードが違うので、興味がある方は他の銘柄の送金も試して実感してみてください。

・初心者はシンプルに換金できるbitFlyerがおすすめ

・手数料を抑えたい方はZaif

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カイチョー

カイチョー

ブログ訪問ありがとうございますm(_ _)m 東京在住・Web業界の30代サラリーマンです。 ポリシーとして出来る限り体験した経験をもとに記事を書いているのと、「事実性」と「ちょっとしたユーモア」を大事にしています。 スマホの方は右下の青い三角マークをタッチすると一番上に戻れますので、そこからメニューボタンを押すとおすすめのアルトコイン記事が見れますので参考にしてくださいね。

-モナコイン

Copyright© 仮想通貨ドリーム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.