リップル

リップルの送金方法を解説!スマホで全て完了できます

投稿日:

リップルの取引量で1位を記録したbitbankですが、GMOコインからbitbankへ、または海外取引所へ送金したいときがありますよね。

そういった場合の送金方法をまとめましたので参考にしてください。記事の後半で、海外取引所であるBINANCEアプリでの送金方法についても解説しています。

個人的にはイラストのような人が渋谷のハロウィンに出現するぐらい、リップルが有名になって欲しいです。

 

リップル送金完了までの流れ

リップルを送金して、完了するまでの流れをざっと見ておいてください。いきなり送金するのではなくて、事前にアドレスを登録するという準備があります。

 

GMOコインからbitbankにリップルを送金する場合

まずはGMOコインからbitbankへ送金したい場合です。他の取引所でも同じ方法で送金が可能です。

 

GMOコインの操作方法

スマートフォンのブラウザでGMOコインにログインしましたら、左上のメニューボタンをタッチします。

 

「入出金」の仮想通貨を選択します。

 

リップル(送金したい銘柄)をタッチします。

 

初めて送金する宛先であれば「新しい宛先を追加する」をタッチします。

 

この画面になったら次はbitbankの操作に移りましょう。

 

bitbankでの操作方法

bitbankアプリを立ち上げてログインしましたら、右上のメニューをタッチします。

 

資産のひとつ下の「入出金」を選択します。

 

リップル(XRP)の右側、「入出金」をタッチします。

 

緑のクリップマークを押すと「宛先タグ」、「リップル預入用アドレス」がそれぞれコピーできますので、この後ひとつずつコピー&ペーストします。

GMOコインからbitbankに送金しますので、GMOコインにbitbankのリップル預入用アドレスを登録します。名称は自分で管理しやすい名前であればなんでも構いません。私の場合は「bitbank」と打ちました。

画面を2往復しますが、それぞれコピーして貼り付けて「登録する」ボタンを押せば登録は完了です。

 

送金の操作

宛先の選択をするためにアドレスの右側に緑のチェックを入れます。この状態で数量を入力すれば、送金ができます。今回はテストで最小の50XRPを送ってみました。

下記のメールが来たら送金完了です。リップルはさすがですね!1分前後で送金が完了しました。

 

リップル送金時の注意点

リップル送金時に注意したいポイントです。他の仮想通貨でも同様に気をつけたいポイントを紹介します。

 

宛先タグを忘れずに!

他の仮想通貨であればアドレスのみで送金できるコインもありますが、リップルはタグも必要になるため忘れないように注意が必要です。

ワンポイントアドバイス

仮想通貨を取引所から送金する場合は、まず宛先(アドレス)を登録する。登録せずに送金すると、正しく送れないこともあります。

 

まずは少量でテストする

仮想通貨の送金は銀行振り込みと違って、間違ってしまうと取り戻せないケースもあります。必ず初めて送るアドレスの場合は少量でテストを行いたいところです。

一度送れば宛先が登録されるので、2回目以降は安心して送金できます。

 

 

bitbankからBINANCEにリップルを送金する場合

bitbankから海外取引所に送金したい場合もありますので、今回はBINANCEを例として解説します。bitbankの操作は先程と同様ですので省略しますね。

 

BINANCEアプリの操作

BINANCEのスマホアプリを立ち上げてログインしましたら①Fundsの項目をタッチして仮想通貨の一覧画面にします。次に画面右上の「AZ」をタッチしてアルファベット順にしてください。

画面右上の「Deposit」は預入の意味で「Withdrawal」は引き出すという意味です。

 

アルファベット順になると数字のゼロの右側にアルファベットが表示されます。赤い四角のところの指を置いてスクロールすると、素早く画面が切り替わります。

 

XRPを見つけたら文字をタッチしてください。

 

リップル専用画面に変わりましたら、左下の「Deposit」をタッチしてください。逆にBINANCEからどこかの取引所に送りたい場合は「withdrawal」を押します。

 

注意画面がワンクッションとして出ますが、気にせず進みましょう。「タグを忘れないでね」と注意が書いてあります。

 

XRP Deposit Addressの下にある「copy Address」を押してコピーしてbitbankに登録します。同様にTagでもコピー&ペーストすればOKです。

 

リップル送金のまとめ

今回はリップルの送金方法について解説しました。仮想通貨の送金を怖がってやらない方もいるでしょうが、是非体験としてトライして欲しいです。

仮想通貨が国際送金を変える!という意味がよく分かると思います。まさにリップルは世界の金融インフラになろうと開発を進めているのです。

個人的には、近い未来にブロックチェーンの仕組みを使って、海外の方と取引が出来たらこんな楽なことはありません。リップルの未来に大きく期待しています。

・リップル送金は「宛先タグ」を忘れずに!

・初めて送金するアドレスは少量でテストする

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カイチョー

カイチョー

ブログ訪問ありがとうございますm(_ _)m 東京在住・Web業界の30代サラリーマンです。 ポリシーとして出来る限り体験した経験をもとに記事を書いているのと、「事実性」と「ちょっとしたユーモア」を大事にしてまっする。

-リップル

Copyright© 仮想通貨ドリーム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.