仮想通貨専門用語

ドヤ顔で使いたい仮想通貨の専門用語を紹介!楽しく覚えられます

投稿日:2018年4月14日 更新日:

仮想通貨取引を始めると専門用語が多くて混乱することがよくありますよね。なるべく雑談を取り入れながらまとめましたので、覚えてカッコよく使ってください。カイチョー(筆者)も使わないと忘れる単語があるので、前からまとめたかったのです。

”もくじ”から知りたいところにショートカット出来ますので、知りたい「カテゴリー」や「単語」にジャンプしてくださいね。

 

暗号通貨とは

日本では「仮想通貨」という言い方で浸透していますが、仮想通貨を英語で「Crypto currency」と書きます。本来は「暗号通貨」という名前が正しいですがもう一般的になっているので仮想通貨と読んで問題ありません。

暗号化とは主に戦時中に進化した歴史があるので、そう考えると恐ろしいですね。ちなみに元に戻すことを「復号化」といいます。

 

アルトコインとは

アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨のことです。仮想通貨取引の腕が上がってくると、アルトコインに夢中になるので抑制しましょう。たぶん無理ですが笑

 

トークンとは

トークンの定義は難しいですが、ブロックチェーン上で発行した仮想通貨のことをいいます。最近では上場前に配布する仮想通貨をトークンと呼ぶことがあったり、既存のブロックチェーン上から生まれたコインもトークンと呼ばれる例があります。

まずはみんな大好き?Zaifトークンを覚えておけば問題ありません。

 

取引所の用語

取引所を使い始めると「指値ってなんだ?」って誰もがなったと思います。株やFX出身の方は当たり前でしょうが、投資をするのが初めての方には難しい用語がいっぱいあります。

 

現物取引とは(仮想通貨の場合)

コンビニやスーパーで買い物をするように仮想通貨を取引所で購入することです。また日本円や仮想通貨を使って仮想通貨と交換する取引のことでもあります。これを読んでくれてる読者はみんな良い子なので、まずやらないでしょうが上のイラストのような取引は絶対やっちゃだめですよ。

 

板(取引所)とは

賢いみなさんであればどっちが板(取引所)かはわかりますよね。カイチョー(筆者)的には「右!」って言った人とお酒を飲みたいです。

板とはユーザー同士で取引ができるところです。ビットコインに関してはどの取引所でも板で現物取引が可能です。「販売所」は業者とユーザー間の取引になるので手数料が高い傾向があります。

 

指値注文と成行注文

ひとつ前で紹介した板(取引所)では販売所と違い、注文方法が選べます。詳しくは「Zaifの販売所と取引所の違いをメリット・デメリットを含めて徹底解説!」の記事を参考にしてください。

指値注文とは自分が売買したい価格と数量を入力して注文することです。

成行注文とは数量だけ入力して売買するスピード注文のことです。

 

約定とは

約定とは注文が成立したことです。ジョーといえばyoutubeのジョーブログが好きです。ジョーはバイクで南米を一周したり、アメリカ横断、社会の裏側を取材したり、最近はTVに映るようになってきました。最近仕事で疲れてるな~なんて方は是非見てください、元気もらえますよ。TVの「クレイジージャーニー」が好きな方は気に入ってもらえるかと。

 

BTC建て

BTC建てとは、チャートでいうとX軸(横線)が日時ですが、Y軸(縦線)が日本円ではなくBTC(ビットコイン)の価格のことです。

日本の取引所は円建ての表示が多いですが、海外取引所はBTC建てがほとんどです。法定通貨で米ドルが基軸通貨になっているように、仮想通貨はビットコインが基軸通貨になっています。このためビットコイン価格が下がるとアルトコイン価格も連動して下がるので、ビットコインが嫌いになる方も少なくないです。

 

スプレッドとは

スプレッド(spread)とは売値と買値の価格差のことです。価格差があまりない取引所を「スプレッドが狭い」という言い方をします。Zaifやbitbankがこれにあたるので良心的な取引所といえます。

 

ボラティリティとは

ボラティリティー(Volatility)とは価格変動の度合いを意味します。

上のつぶやきように「ボラリティー」を使うと賢く見られますのでチャレンジしてみてください。

 

利確とは

投資家のみなさんが大好きな言葉のひとつですね。

利確とは「利益確定」のことで、含み益が出た時に仮想通貨から日本円にすることです。賢く見せるためには「利確したったー。」などは言わないようにするのがよいかと。

 

FX取引・レバレッジ取引とは

FX取引(レバレッジ取引)とは本来「Foreign eXchange」のことで外国為替を意味します。仮想通貨取引では現物取引と違い、証拠金を業者に預けて手持ちの資産を数倍にすることが可能です。また下落時にも稼ぐチャンスがあります。

たとえば10万円でレバレッジ10倍にすると100万円の取引が可能です。その100万円が120万円になれば120万円ー100万円=20万円と、差額決済で稼ぐことが可能です。

もちろんデメリットもあり、10倍にした100万円が90万円になれば元手の10万円は消えてしまいますので、挑戦したい方は注意してください。

 

信用取引とは(仮想通貨の場合)

信用取引とは、あなたを業者が信用してお金と仮想通貨を借してくれます。

FX取引との違いは、FXは預けたお金で取引をしますが、信用取引はお金を借りるので返済期限があります。またどちらも別途、金利手数料が0.04%~0.05%/一日 発生しますので注意しましょう。

 

ロスカットとは

ロスカット(Loss cut)とは損失が一定以上出た場合に強制的に決済されることです。

たとえば1BTC=100万円の条件で、証拠金10万円でレバレッジ10倍の取引をしていて、1BTCが90万円に下がるとロスカットされるという仕組みです。

細かくいうと証拠金維持率という取引所ごとの設定があり、その維持率以下になるとロスカットされます。基本的には投資家の資産を守るためのものですが、良くも悪くもというところですね。

 

追証とは

追証とは「追加保証金」の略で、トレードで失敗した場合は、元本以上の損失が出る可能性はあります。できる限り「追証なし」の取引所を選びたいところです。

 

ロング・ショートとは

FX取引等で使う用語です。

ロングとは価格上昇を狙って注文をだす取引のことです。

ショートとは価格を下落することを狙って注文を出す取引のことです。

FX取引では現物取引と違い、価格が下がったときでも稼ぐチャンスがあるのが最大の魅力です。自分でイラスト貼っといてなんですがケーキ食べたくなりますね。

またこのロングやショートの取引をしている際を「ポジションを持つ」という言い方をします。つまり売る時は「ポジションを手放す」というように使います。

 

スキャルピングとは

スキャルピングとは数秒~1分程度で多数の取引を繰り返すことです。プログラムに強いトレーダーは自分専用の自動プログラムを使ってトレードをしている人もいます。こういったソフトを販売している人もいますが、怪しい業者も居ますので十分に注意してください。

スキャルピングは取引所のシステムを重たくする原因ですので、場合によってはアカウント停止される可能性があります。ちなみに外国為替証拠金取引(FX)の世界ではごくごく一般的な取引手法です。

 

仮想通貨のイナゴとは

仮想通貨や投資の世界でイナゴとはイラストのように価格が高騰した際に、その波に乗っかって買うことです。

チャートのラインのどこで買うという疑問があるでしょうが、もちろん下の方が良いです。しかし気づいた時はてっぺんに近いなんてこともよくあります。高騰した時ほど、価格が下がるのも早い場合があるので気をつけましょう。

カイチョー(筆者)はリップルのイナゴにのって稼いだ経験があるため悪いイメージはありません。

 

Twitter用語

主にTwitterやブログで使われる用語を集めてみました。

 

ガチホ

ガチホとはスキャルピングとは真逆で、売らずにずっとホールドしておくことです。上のイラストはカイチョーが好きなLiskのイラストを描いていてLiskの開発者からキャラクター賞を授与された方です。

2017年は長く見れば、右肩上がりでしたので「チャートを見ずに気絶してた方がよかった」という方も多かったです。カイチョーもできれば2020年まで自分を冷凍保存してもらいたいです。

 

ポートフォリオとは

ポートフォリオ(Portfolio)とは直訳ですと「書類を運ぶためのケース」という意味ですが、金融商品の場合は投資家が保有している金融商品の一覧やその内容のことです。

投資に慣れてくると複数の取引所を使うようになりますが、一括して自分の資産を見れるアプリもありますので使ってみてくださいね。

 

億り人とは

仮想通貨投資で1億円以上稼いだ人のことです。このブログTOPのペンギンがもってる板に「億り人へ」と書いてあるんですが、スマホからだと見にくいですね。

みんな億を夢見て取引が楽しめるとよいですね。

 

ポジショントークとは

これはカイチョー(筆者)も気をつけてます。

ポジショントークとは発言に影響力がある方が、自分が保持している金融商品にとって有利な発言をすることです。かと言って、誰も「○○が上がるよ!」って言わなくなるのも寂しいので、ほどほどにしておくのがよいですね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カイチョー

カイチョー

ブログ訪問ありがとうございますm(_ _)m 東京在住・Web業界の30代サラリーマンです。 ポリシーとして出来る限り体験した経験をもとに記事を書いているのと、「事実性」と「ちょっとしたユーモア」を大事にしています。 スマホの方は右下の青い三角マークをタッチすると一番上に戻れますので、そこからメニューボタンを押すとおすすめのアルトコイン記事が見れますので参考にしてくださいね。

-仮想通貨専門用語

Copyright© 仮想通貨ドリーム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.