分散型取引所

分散型取引所(DEX)を分かりやすく解説!もうハッキングはされない?

投稿日:2018年1月29日 更新日:

今後主流になる可能性が高い分散型取引所(DEX)とは一体どういう取引所なのでしょうか?また分散型取引所で発行している独自トークンの価値も上昇しています。

中央集権の取引所との違いや、ICOについても触れていますので参考になれば幸いです。

 

分散型取引所の概要

ブロックチェーンの仕組みについて詳しい方は予想がついているでしょうが、分散型取引所について説明していきます。

 

分散型取引所とは

分散型取引所とは中央管理者が存在しなくても仮想通貨の取引ができる取引所のことです。これだけ聞くと手数料が安くかったり、サーバーが重くなかったりなど良い面が想像できますが、実際の現状はこのあと詳しく解説します。

最近ではcoincheckの盗難が報道されましたが、世界の取引所でも同じように盗難は起きています。ニュースでも「サイバー攻撃」や「ハッキング」が取り上げられることがありますが、実際は銀行でもハッキング事件はあります。銀行は自己都合のため公にしないだけで、億単位のお金がハッキングにより盗まれています。

こういった背景からセキュリティ重視の分散型取引所が誕生しました。

 

DEXの意味

分散型取引所を英語ではdecentralized exchange(DEX)と書き、deの後ろのスペルに注目してみると「セントラル」cetralが入っています。日本語でもセントラルは中央の意味で使いますが、英単語で頭に「de」がつくと主に分離を意味します。

そのためdecentralizedは「分散された」と翻訳することが出来ます。

 

覚えるべきワード「カウンターパーティリスク」

まず仮想通貨のCounterparty(XCP)とは関係ありません。

カウンターパーティリスクとは契約で決めた支払いが行われない可能性があることをいいます。

図のようにペンギンとアザラシが取引所を介して金融商品の取引を行ったとします。しかし、仲介役の取引所が倒産してしまうと損失が出る可能性があります。株式や為替等の金融商品は補償があることが多いですが、ビットコインなどの仮想通貨取引では保証がないのが現状です。

そのため株式などの金融商品と比べ、仮想通貨取引で資産を取引所に預けっぱなしはリスクがあります。次の画像は以前に流行ったハードウェアウォレットの写真です。

 

TREZORやLedger nanoと呼ばれるハードウェアウォレットに資産を管理する方法が最も安全ですが、少し手間がかかることやオフラインの保存のため頻繁に取引をしたい方にはやや面倒な保管でした。逆に長期でホールドしたい方には最適です。

 

分散型取引所と中央集権取引所の違い

ここでは分散型取引所のメリットとデメリットについて解説します。

 

ユーザーが集まっているのが中央集権取引所

もともと中央集権取引所が主流であったため、ユーザーのほとんどが利用しています。多くのユーザーが集まると取引量が多いので板での取引が約定しやすくなります。よく「板が薄い」という表現がありますが、ユーザーが少ないという意味でもありますよね。

また中央集権取引所はサーバーや、運営の人件費がかかります。

 

取引所閉鎖やハッキングリスクが少ないのが分散型取引所

分散型取引所は政府によって左右されないため、閉鎖の可能性が中央集権と比べてとても低いです。中央集権取引所では「秘密鍵」と呼ばれる誰にも教えてはいけない鍵を取引所に預けるような方式ですが、分散型取引所であればブロックチェーン上で、ユーザーごとに秘密鍵を管理できるので、ハッキングの可能性が低いのです。

 

メリットデメリットを表で比較

ではどちらを使った方がよいのか?という疑問になるので表にして比較しました。

  中央集権取引所 分散型取引所(DEX)
管理者 運営者 ユーザー
ユーザー登録 あり なし(ユーザー登録がいらない)
ハッキング対策 しているが高いとはいえない セキュリティが高い
取引量 多い 少ない
手数料 安い いまのところ高め
サポート あり なし

分散型取引所の課題として手数料が高いことや、取引量が少ないことが上げられますが、今後の開発が進めばいずれ解消されることが考えられます。また海外取引所と同じく日本円での入金が出来ませんので、日本国内の取引所でイーサリアムを購入して送金する必要があります。

ワンポイントアドバイス

サポートが無いため利用する際は送金ミスがないように、1回は少額で送金テストをすることをおすすめします。

 

取引ができる分散型取引所

分散型取引所は少しずつですが認知度を上げ、ユーザー数が上がってきています。実際に取引が可能な分散型取引所を3つ紹介します。

 

EtherDelta

https://etherdelta.com/

EtherDelta(イーサデルタ)とはイーサリアムのブロックチェーン上でユーザー同士で取引できる分散型取引所です。

取り扱われているのはイーサリアムとイーサリアムトークンだけで、ビットコインの取引は出来ません。イーサリアムトークン同士での通貨ペアがあるのも魅力です。

最大のメリットは上場前のコインやICO直後のトークンが買えるポイントです。もちろん全てのトークンの価値が上がるわけではないですが、中には何十倍にもなるダイヤの原石のようなトークンがあります。そのように一発で稼ぎたい方は是非使って欲しい分散型取引所です。

 

bancor

https://www.bancor.network/discover

Bancor(バンコール)のシステムとして、マイナーな仮想通貨でも流動性を作り、上場されやすいポイントがあります。基軸通貨はBNT(Bancor Network Token)です。

最大のメリットとして、Bancor上の通貨はプロトコルによって決められた価格で取引されますので、スプレッドがありません。買う時も売る時も同じ価格です。詳しい仕組みは数式で公開されていますが、かなりマニアックですのでそういうものだとシンプルに理解しておく方がよいです。

取引の仕組みはとても良いですが、ERC20という規格のトークンのみに絞っているため一般的になりにくいデメリットがあります。

ERC20とは

トークンはそれぞれプログラミング言語が異なり、対応するウォレットも違います。しかしERC20という規格のトークンを使うことによって1個のウォレットに様々なトークンを管理することができます。そのためERC20は多くのICOで利用されています。

 

IDX

https://idex.market/eth/eos

サイトはやや重たいです。100種類以上のトークンを取り扱っており、MyEtherWalletからイーサリアムを送金して購入します。

またDAIという米ドルの価値基準で価格が決まる仮想通貨を使ってDAI建てでも購入が可能です。

 

ICOで注目された分散型取引所

まだまだこれから伸びていく分散型取引所ですが代表的な二つのDEXプロジェクトを紹介します。

 

0x Project

0x(ゼロエックス)は上場後、数日で高騰したDEXプロジェクトです。取引注文をオフチェーンで行うことにより、速い処理と手数料がかからないのが魅力です。

 

Kyber Network

KyberNetwork(カイバーネットワーク)は即時取引や高い流動性など、これまでの分散型取引所の問題を解決するように動いています。

 

分散型取引所の将来性

2018年1月末の時点ではサーバーも重たく、取引量が少ないのでやや使いにくいというデメリットが目立ちます。しかし、今後は分散型取引所が主流になっていく可能性が非常に高いです。現在日本にある取引所も分散型に変更してく流れも十分に考えられます。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カイチョー

カイチョー

ブログ訪問ありがとうございますm(_ _)m 東京在住・Web業界の30代サラリーマンです。仮想通貨の情報に加えて、お金に関わる記事も書くようにしました。

-分散型取引所

Copyright© 仮想通貨ドリーム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.