海外取引所

海外取引所はBINANCE(バイナンス)がオススメな理由

投稿日:2017年12月21日 更新日:

 

日本の取引所で取り扱っていないアルトコインを買うには、海外の仮想通貨取引所で口座を開設する必要があります。海外の取引所は日本円での入金が出来ませんので、ビットコインやイーサリアムを海外取引所に送る必要があります。

「海外取引所って怖いな。。」と思う方も多いと思いますし、カイチョーもはじめはドキドキでした。しかし、いざ利用してみるとなんてことはありませんでした。

海外取引所で手数料が一番安くセキュリティが高いところを探した結果、海外取引所の口座開設は、取引高世界一を記録したBINANCEがオススメです。

 

BINANCEをおすすめする理由

仮想通貨の取引する人が続々と増えている中、100倍以上に資産が増やせそうなアルトコインを探すと、国内ではなかなか難しいことに気付きます。時価総額ランキングを見ると、上位に入っている仮想通貨の中で日本の取引所で購入することが出来ないコインがあります。

この日本では買えないコインを購入するには海外取引所で口座開設をする必要があり、できれば手数料が安く、資産を安心して預けられるところを選びたいですよね。

中級者以上であれば、海外取引所の口座を持つのは当たり前になりつつあります。海外取引所といっても「Bitfinex」や「poloniex」や「bittrex」でもいいじゃないかと考えがちですが、BINANCEには他社より優れているポイントがいくつかあります。

 

BINANCEの特徴

BINANCEの大きな特徴として、ハードフォークした際のコインを貰える可能性が非常に高いのです。例えば、2017年11月24日にビットコインからビットコインダイヤモンドがハードフォークによって誕生しました。この時BINANCEではビットコインをBINANCEに預けていたユーザーに対し、ビットコインダイヤモンドを無料で配布しました。

Twitterでもかなり騒がれています↓

追記:最近ではNEOやEOSなどのプラットフォームを利用したコインが配れることもあります。

 

バイナンスの評判

使いやすさに関しても評判が良いです↓

 

取り扱い仮想通貨が多い&通貨ペアが多い

ご存知のように海外取引所はアルトコインの取り扱いが多いのが魅力です。BINANCEでは現在140種類以上の仮想通貨の取引が可能です。そして面白いのが、BINANCEでは新しく上場するアルトコインをユーザーの投票で決めるというルールがあり、詐欺的なコインを排除できる可能性があります。

たとえば日本の取引所ZaifではNEMを購入する際に、JPYとBTCどちらで買うかが選べますが、BINANCEではBTC以外に「USD」や「BINANCEトークン」、「イーサリアム」と多くの通貨ペアがあります。アルトコインによってはBTC建てのみの場合もありますので注意してください。

最近はビットコインの送金詰まりが問題になっています。すぐに送金をしたい場合はイーサリアムを日本の取引所(Zaif等)からBINANCEへ送ることをおすすめします。

 

日本語対応

以前は日本語対応していましたが、何か事情があったのか日本語対応ではなくなりました。操作するところは限られてくるので、英語でも慣れれば困ることはありません。

 

セキュリティ体制

BINANCEは世界一の取引高になり日々ユーザー数が増加していますが、万が一大きなハッキング事件があれば多くのユーザーが離れてしまい倒産してしまいます。

そうならないために、BINANCEは登録してすぐ2段階認証の設定が簡単にでき、ログイン時にメールアドレスとパスワードを入力すると「パズルピース」をスライドさせる画面に変わります。

このパズルの仕組みは不正なコンピュータのログインを防止するためのプログラムです。

このくぼみのところにパズルを合わせてください↑

 

本人確認がいらない?

認証レベルが1~3まで用意してあります。

 

認証レベル1:アカウント作成をして届いたメールからURLを開けばOKです。出金上限が1日2BTCまで可能です。

認証レベル2:「パスポート」をアップロードして運営に確認してもらえばOKです。

認証レベル3:出金上限が1日100BTCまで可能です。運営に直接連絡する必要があります。

ワンポイントアドバイス

本人確認をせずに取引が可能です。ただ今後ビットコイン価格が急落したり、ルール変更の可能性を考えると本人確認はしておいた方がよいです。

 

BINANCEの運営

BINANCEとはBinaryとFinanceを掛け合わせのが名前の由来で、2017年7月14日から仮想通貨取引所として運営を行っています。

 

BINANCE社のCEO

BINANCE社のCEOはChanpeng Zhao(ザオ氏)という方で、以前は中国取引所のOKcoinに技術責任者として勤めていました。2015年にOKcoinを辞めたときは仮想通貨取引所の設立にはまだ早いという考えで、現在は「公正な取引」を目指せる土台が出来たとのことです。

ザオ氏のTwitter

 

中国政府の規制問題はどうだったのか?

BINANCEはI中国の企業ですが、取引所の登録を中国国外でしていたのと、会社のサーバーを中国外に持っていたため大規模な中国政府の規制で影響を受けませんでした。逆に多くの中国の取引所は閉鎖に追い込まれました。

これは取引所の不始末ではなく、中国国内で詐欺的なICOが横行してたのが理由の一つです。これを防ぐにはICO投資で必衰の仮想通貨を買える取引所を閉鎖してしまうという大胆な行動でした。

 

BINANCE社の取り組み

BINANCEはICOを実施したい企業にサポート支援を行っています。これを「Binance Labs」と名付け、公正なICOが出来るように取り組んでいます。現状ICOはプロジェクト自体に信用されずに失敗してしまった例や、詐欺的に資金を調達してから逃げてしまう例もあります。

こういったことにならないために、そして企業が開発に専念できるようにBINANCEが支援するという仕組みです。確かにICOは素晴らしい資金調達の方法ですが、新しいがゆえの抜け穴があります。その抜け穴を塞ごうとしているのがBINANCEかもしれません。

BINANCEは中国政府によりICO規制を受けた影響もあり、所在地をケイマン諸島に移すことを検討しています。ケイマン諸島とはタックスヘイブンと呼ばれており、法人税などが安く抑えられます。また最近の情報ではイタリアの南に位置する「マルタ島」に本社を移動する計画があるようです。

 

西日本の洪水被害に100万ドル寄付を表明

2018年7月8日、バイナンスCEOは日本に寄付金として100万ドル(約1億円)の寄付をすることを発表しました。

その時のツイートです↓

ニュースで知っているとは思いますが、西日本は凄まじい豪雨により多大な被害を受けました。

いくら儲かっているとはいえ、こういった行動はなかなか出来ないですよね。嬉しい限りです。

 

binanceの手数料は他社と比べておトク

BINANCEの手数料はとても安いです!日本の取引所ですとZaifが手数料の安さで重宝されていますが、海外取引所はどのような手数料なのか調査しました。

 

BINANCEとPoloniex、Bittrexとの手数料を比較

  BINANCE Poloniex Bittrex
Maker手数料 0.1% 0.15% 0.25%
Taker手数料 0.1% 0.25% 0.25%

BINANCEの安い手数料は「BNBトークン」で手数料を払うと、さらに安くなり0.075%とほとんど手数料をかけずに売買することが出来ます!

BNBトークンを使うことによる割引率は利用年数に応じて変わります。

追記:2018年8月頭の発表で、11,000BNB保有かつ月間取引量150,000BTCがあれば取引手数料が0.015%まで下げられるという設定になりましたが、あまり現実的ではないですね。

BNBトークンは他の仮想通貨と同じように価格が変動します。はじめに買う数量としては3~5ぐらいあれば問題ないです。BNBトークンの買い方は「BNB(バイナンスコイン)が高騰する3つの理由」の記事で詳しく紹介していますので参考にしてくださいね。

仮に海外取引所のアカウントを複数作る場合でも、メインで使うのがBINANCEになる可能性が高いです。BINANCEで扱っていないアルトコインを買いたいという時に、他の海外取引所のアカウントを作る流れが一般的です。

 

BINANCE登録方法

BINANCEは申し込みが殺到しており、新規登録を停止していることもありました。2018年現在は再開していますので、早めに申し込んでおきましょう。

 

アカウント登録方法

BINANCEの公式サイトを開いたら、右上の「Register」タッチします。その後、入力画面に変わります。

 

 

4段目の番号は個人に振り当てられるものですので、そのままにしておいて「メールアドレス」と「パスワード」の入力だけで問題ありません。

パスワードは大文字が必要になるのと、数字とアルファベット、記号のランダムな組み合わせで30文字前後にすることを強くおすすめします。

登録したメールアドレスにメールが来ましたら、URLを開くだけで登録が完了します。登録が完了しましたらログインしてみてください。

 

本人確認の方法

BINANCEにログインできれば、上記の画面になりますので「身分認証完成」をクリックしてください。スマートフォンからですとこの画面が出せませんのでPCが必要になります。

※本人確認にパスポートが必要になり、運転免許書では出来ません(※本人確認は必衰ではありません)

BINANCEアプリはiphone、Android共にダウンロードが可能になりました。

画面が変わりましたら、「ほかの国と地域」に点を合わせた状態で、名前やパスポート情報を入力して終わりです。

アップロードが必要な写真は三枚です。

・パスポートの表紙

・パスポートの顔写真のページ

・「顔」と「パスポートの顔写真のページ」と、メモ用紙に「当日の日付とBINANCEの文字を手書きで書く」この3つをいっしょに撮った写真

申し込みが殺到していますので、取引所の方が本人確認をするのに1~2週間かかる場合もありますので気長に待ちましょう。取引自体はすぐに出来るので問題ありません。

完了すれば次の画面に変わります。

 

BNBの購入方法

まずはBNBを用意するところから始めてみてください。

 

板の表示方法

画面左上の「Exchange」をカーソルを合わせると「Basic」と「advance」の2つが選択できます。advanceは上級者向けで、チャート分析を細かくすることができます。ほとんどの場合はBasicで問題ありません。

どちらの画面でも買い方は変わりません。

 

購入の操作

BNBの購入の仕方は「BNB(バイナンスコイン)が高騰する3つの理由」の記事後半で紹介していますので、参考にしてください。

取引所の板で購入したことがある方は感覚で分かると思いますが、初期が「Limit(指値)」になってますのでそのまま数字を入力してBuyを押せば注文ができます。

 

BINANCEのまとめ

・取引高が世界一の仮想通貨取引所

・手数料が他社と比べても安い

・運営がかなりしっかりしている

主に中級者以上に強くおすすめできる海外取引所ですが、初心者の方でもアカウント登録だけはやっておいて損はありません。申し込みが殺到し、一時的に新規登録を中止した期間がありました。

運営がしっかりしているので取引所の閉鎖は考えにくいですが、可能性はゼロではありませんので資産を全部預けておくことはしない方がいいです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カイチョー

カイチョー

ブログ訪問ありがとうございますm(_ _)m 東京在住・Web業界の30代サラリーマンです。 ポリシーとして出来る限り体験した経験をもとに記事を書いているのと、「事実性」と「ちょっとしたユーモア」を大事にしてまっする。

-海外取引所

Copyright© 仮想通貨ドリーム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.