節約

ひとり月1万円の食費に節約するためにやるたった3つのこと

投稿日:2018年9月21日 更新日:

 

カイチョー、食費の節約ってどうすればいいの?
お肉や魚、炊いたお米を冷凍保存するのが基本かな。
なるほど。でも月1万円に抑えられる自信がない。。
いきなり1万円はキツイから徐々にやっていこう。
うん、頑張る。

1人暮らしの1ヶ月の食費の平均は40,000円、二人暮らしの世帯は72,000円ぐらいという総務省のデータがあります。

食費は毎月使うお金の6割以上を占めている方が多いので、食費の節約がいかに大事か分かりますよね。

カイチョー(筆者)は20代でバイトしてた頃はカツカツだったので、食費はかなり抑えていました。それで習慣付いてしまったので、今でも節約は普通にやっています。

節約はしたいけど、料理はちょっと・・という方でも継続してできるように情報をまとめてみましたので参考にしてくださいね。

 

スーパーは週に1回だけ行ってまとめ買い

主婦の中にはチラシを握りしめてスーパーに行く方もいますよね。

そんな節約主婦に負けないようにやっていきましょー。

 

まとめ買いをすれば無駄買いが減る

週に1~2回だけスーパーでまとめ買いがおすすめです。

時間も効率的に使えますし、ついついお菓子に手が伸びてしまう回数も少なくなります。食材をまとめて買っておくことで「いや、家で自炊しなきゃな」と外食するストッパーの役割にもなります。

1人暮らしであれば1回の買い物が1,500円~2,000円に収まるようにすればOKです。

まとめ買いの注意点としては「2つ買うと○○円引き」という場合に、ちゃんと消化できるかをイメージしてみてください。いくら安くても買いすぎないように気をつけてくださいね。

まとめ買いに慣れてきたら献立を考えてからスーパーに行くより、スーパーで安い食材を見つけて、それで作れる料理をするようにするとさらに節約できます。

 

水やお米は安いのでよい

お金に少し余裕がある時や給料日は、ついつい10円~100円ぐらい高い方を買ってしまうことってないですか?

でもその差って質の違いはほとんどありません。少しの差でも安い方を買うクセを付けていくと、1ヶ月または1年でのトータル差額が大きくなります。

お米は5kg=2,000円ぐらいで買えますが、スーパーによっては国産米が1,600円前後で売っています。味はそこまで変わらないので、こだわりがなければ安い方を買いましょう。

二人暮らし以上であれば、10kgのお米を買う方が安くなります。10キロは重たいので、背中に大きいバッグを背負ってスーパーに向かいましょー。

 

そのスーパーでお得になるクレジットカードがあれば作っておく

たとえばスーパーマーケットの西友ですが、ウォルマートカード(Walmart)というクレジットカードを作ると毎日3%OFFで買い物が出来ます。

さらにイベントの日(主に土曜日)は5%OFFになるので、西友を使っている方は使わないと損です。その日に割引ではなく、引き落としの時にまとめて3~5%オフになるという仕組みです。

 

他のスーパーでは専用カードでポイントが5倍などもあります。

最近ではイオンカードも人気があるので、イオンで買い物をしている方は持っておくべきカードです。

 

利用するスーパーに合ったクレカを使うか、楽天カードのような万能に使えるカードでもOKです。カイチョー(筆者)はスーパーやユニクロ、コンビニなどで実際に使っています。

スーパーに行ったときだけ使うように徹底しておけば問題ないので、節約のためにクレカを持っておくのが賢いです。

クレカや電子マネーは手元のお金が減った感じがしないので、自己管理はかなり注意してくださいね。

 

安く買えて栄養価の高い食材を紹介!

 

もやしやパンの耳だけじゃダメ?

状況にもよりますが、もやしだけとかパンの耳だけ生活は絶対に体に悪いです。

若い内はなんとかなるかもしれないけど、20代後半にもなればちゃんとした食事を取った方が良いです。食費を削りすぎて栄養失調になって入院になればお金がかかるので本末転倒ですよね。

倒れなくても体調不良になり仕事に支障が出て、周りに迷惑をかけます。質の悪い食生活は急に体を壊すことはなかなかないですが、塵も積もれば山となるように後でしっぺ返しが必ずきます。

ちなみにもやしはナムルにすると腐りにくいので、おすすめです。最低限であれば「塩」と「ごま油」と合わせるだけで完成できます。

・野菜は少量の塩や酢で浅漬けにすると長く保存できる

葉物の野菜(ほうれん草、キャベツ、白菜)は一度に使い切れない場合はタッパーに塩漬けにしておきましょう。

中でもキャベツは芯を取っておけば、そのままでも一週間ぐらいは持ちます。

 

タマゴは安くて栄養価が高い

冬場、野菜の価格が上がりますよね。卵なら一年中安く手に入りやすいです。

特売日やセールで1パック100円で買えることもあります。

調理はとても簡単で、「目玉焼き」や「ゆで卵」なら誰でもできますよね。

ゆで卵とマヨネーズを合わせれば、パンに挟んでタマゴサンドの出来上がりっ!

安くておいしいのは最高です♪

 

大豆製品は体を強くする

納豆、豆腐、もやしなどの大豆製品は体に良いです。最近では豆乳も人気がありますよね。

大豆は骨粗しょう症や、高血圧、循環器系の疾患にも効果的です。

毎日でもなくてもよいので納豆1パックは食べておきたいです。納豆は3パックセットで100円以下が多いので、とっても経済的。

好きな方はパスタに納豆、オクラ、刻み海苔を混ざるだけでも美味しいですよ。

 

鶏ムネ肉に太りにくく、疲労回復になる

鶏肉は安くてスープのダシにもなるので使い勝手がいいです。

業務スーパーや、肉のハナマサなどで2~3キロ買って冷凍する主婦も多いです。

鶏肉は牛肉や豚肉と比べて量を多く食べたとしても太りにくいです。老化防止や疲労回復にも繋がる鶏肉は、定期的に体に取り入れたい食材です。

鶏肉はダイエットにもいいので、長く付き合いたい食材ですね。

 

玉ねぎ、人参、ジャガイモは万能

玉ねぎ、人参、ジャガイモはカレーの具材としても使えますし、比較的1年中安く買えます。

中でも玉ねぎは万能で、スライスしてサラダにするとか「オニオンスープ」にも使えるし、煮込み料理等なんでも使えます。

玉ねぎの保存方法は、ネット入れて吊るすのが1番ですが、難しいので常温で箱に入れておけば冬場は1ヶ月持つこともあります。

このように腐りにくい食材を選ぶことは、節約する上でとても大事なことです。イメージとしては水分が多い葉物などの野菜ほど早く腐ります。

 

スプラウト(カイワレ大根)は安くてコスパもよい

カイワレは成長した野菜より栄養価が高く、100円以下で売られていますよね。

辛味があるので苦手な方もいるかもしれませんが、サラダとして他の野菜と混ぜて食べれば辛味がやわらぎます。

根本をバッサリ切ればバラバラになるので、とても楽チンです。

 

白菜・大根は冬に外せない食材

白菜の旬は冬なので鍋にはかかせない食材ですよね。豚肉とコレさえあれば満足という方も笑

また白菜は浅漬けにも向いている野菜なので、漬物が好きな方はおすすめの食材です。

大根は細切りにしてサラダにもなるし、鍋や魚との相性もいいです。

個人的によくやっているのが大根とキャベツを両方細切りにしたサラダです。赤いパプリカも混ぜてもOKです。

大根もキャベツも腐りにくいので、大量に作って数日に分けて食べてます。シャキシャキした食感もいいですよ。

 

一人暮らしは一気に3~4日分を作っておく

一人暮らしの場合は3~4人分ぐらいカレーなどを作っておけば日持ちするので、調理の手間が省けます。

ご飯も同じようにいっぱい炊いておいて、ジップロックなどに小分けして冷凍保存すればOKです。

 

誰でも作れるカレー!

ハウスバーモントカレーなどのカレーの固形ルーは200円前後と安く手に入ります。

料理をほとんどしたことがない方でも失敗しにくいカレーは切って煮るだけと、超カンタンです。

ちょっと味にこだわりたい場合は、玉ねぎを長めに炒めると美味しさがアップします。

箱に書いてある水の量さえ間違えなければ、問題ないです。カレー嫌いって方もなかなかいないと思うので、自炊を始めたい方はカレーからやれば挫折しないです。

 

色んな野菜をぶっこんで鍋にしよう!

夏はなかなか厳しいですが、冬の鍋は庶民の味方です。

白菜、きのこ類、大根、さつまいも、ごぼう等ある程度適当に入れても問題ないと思います。適当すぎるとヤミ鍋になるので注意を笑

個人的には鍋用のスープのもとを買うより、塩や鶏肉を入れて味付けした方がおいしいです。ごぼうも結構いいダシが出ますよ。

化学調味料は子供にも良くないし、素材の良さを消してしまいます。

 

食費を節約するコツ

ちょっとしたコツで節約生活は大きく変わりますよ。

 

冷蔵庫は空に近い状態にすることも大事

冷蔵庫は週に1回カラにすることで「使い切れなくて腐ってしまった。。」なんてことを防げます。

せっかく安く買った野菜でも、そのまま捨てたら勿体無いないし損ですよね。

使い切ることでスーパーに行ったときに「冷蔵庫に何が残ってたっけ?」なんて迷うことも無くなくなるので良いことばかりです。

 

予算を決めて、たまには好きなものを買う

月に1,000円でも2,000円でも好きに予算を決めておいて、たまには好きなお菓子やフルーツを買いましょう。

我慢しすぎるとストレスになりますし、いつか大きな反動が来ます。その反動で5,000円~1万円の買い物をしてしまうこともあるので、特に男性は注意した方がよいです。

週末だけケーキを食べるなどの楽しみを作るといいかもしれませんね。

 

給料日前にお金がピンチの場合は1品料理で乗り切る

月の前半に「ついつい飲みに行ってしまった」とか「あまり節約できなかったな」という場合は、パスタや丼もので凌ぎましょう。

パスタは茹でて、安いレトルトを買ってきて混ぜるだけて済むので、忙しい方でもカンタンに出来ます。

パスタソースはスーパーだと安くもないので、業務スーパーなど激安なところで買うと100円以下で買えます。

 

まとめ

・スーパーで週に1回まとめ買いする

・一人暮らしは3~4日分一気に作る

・週に1回程度、冷蔵庫をカラにすれば食材が腐らないし、ダブって買うこともない

食費をうまくやりくりして節約することはとても大事です。

どうしても料理が面倒だと思う方は目玉焼きからスタートしてみてください。フライパンを握る習慣を作るだけでもだいぶ変わります。

また真面目な人ほどストイックにやってしまうので、ストレスにならない範囲でやるのと、料理を楽しみながら節約できると良いですね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カイチョー

カイチョー

ブログ訪問ありがとうございますm(_ _)m 東京在住・Web業界の30代サラリーマンです。 ポリシーとして出来る限り体験した経験をもとに記事を書いているのと、「事実性」と「ちょっとしたユーモア」を大事にしてまっする。

-節約

Copyright© 仮想通貨ドリーム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.