bitbank

bitbank(ビットバンク)の評判を徹底調査!実際に口座開設して使ってみました

投稿日:2018年2月19日 更新日:

bitbankはじわじわとユーザー数を上げてきている取引所です。少し前までは「隠れた名店」のような雰囲気でしたが、大手取引所に負けない勢いがあります。2018年4月にbitbankはリップルの取引量で世界一となりました!

気になる手数料やセキュリティ体制、メリットデメリットも解説していますので参考になれば幸いです。

 

bitbank(ビットバンク)とは

bitbankは平成29年9月29日に金融庁に仮想通貨交換業の登録を完了しました。安心して利用できる取引所のひとつであり、リップルやモナコインを買うためにアカウントを作る方が多いです。

bitFlyerやZaifの板(注文売買)を体験している方には馴染みやすい取引所であり、使い勝手はZaifより優れています。

初心者でも注文方法さえ覚えてしまえば、安い手数料で取引が可能ですのでメインの取引所がbitbankになったという方も少なくありません。

 

会社概要

会社名 ビットバンク株式会社 bitbank.cc
代表者 代表取締役CEO 廣末紀之
住所 〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F
資本金 11億3100万円
設立日 2014年5月7日
金融庁認可済 関東財務局長(仮想通貨交換業者)登録番号 第00004号

 

代表取締役

出典:bitbank公式サイト

bitbankの代表取締役は廣末紀之(ひろすえのりゆき)氏の経歴は、野村証券やGMOインターネット株式会社常務取締役、スマートフォンアプリ展開をしている株式会社ガーラ代表取締役、カーシェアリングのサービスを提供していたコミューカ株式会社代表取締役など輝かしい経歴の人物です。

仮想通貨のニュースサイト「ビットコインニュースBTCN」や、仮想通貨取引所事業をしたい新規参入の企業向けサービスも提供しています。2017年にはポイントサイトを運用する株式会社セレスから8.5億円を調達し、協力しながら仮想通貨事業に力をいれています。

廣末氏は「知識ゼロからのビットコイン・仮想通貨入門」という書籍も出版しています。

 

bitbankメンバー

出典:bitbank公式サイト

bitbankは今後の成長を見込んでエンジニアやデザイナーの採用を行っています。

 

二つの取引所がある

bitbankは他社と比べて珍しいのが、現物取引の「bitbank」とビットコインFXができる「bitbank Trade」の先物取引所の二つに分けています。bitbankはもともと「bitbank Trade」で上級者向けにサービスを展開していたが、株式会社セレスが運営するサイトのユーザーが約300万人いることからスマートフォンユーザー向けにbitbankを設立しました。

bitbank Tradeではレバレッジが最大20倍と高く、追証も無しというFXユーザーには嬉しい設定です。

「bitbank Trade」はbitbankのアカウントが必要になりますので注意してくださいね。

 

さらにbitbankは「BTCN」という仮想通貨のニュースを発信しているメディアの運営も行っており、上記の3つのサービスを展開しています。

 

取り扱い銘柄

bitbankでは以下の6種類の銘柄を取り扱っています。

・ビットコイン(BTC)

・イーサリアム(ETH)

・リップル(XRP)

・ライトコイン(LTC)

・モナコイン(MONA)

・ビットコインキャッシュ(BCH)

特にリップルとライトコインの2つに関してはbitbankでしか注文買い(板で売買)ができないので、購入予定がある方ならアカウント登録はしておくべきです。

 

イーサリアムとライトコイン購入に注意!

イーサリアム(ETH)とライトコイン(LTC)はBTCを保持していないとビットバンクでは購入が出来ませんので注意してください。

BTCを持っていれば、BTCでイーサリアムと交換が可能になります。こういった仮想通貨同士の取引は海外取引所では一般的なことで、いずれ海外取引所を使うときの練習にもなります。

 

他社と仮想通貨数を比べてどうか?

他社と比べて取り扱い仮想通貨数は平均点というところです。個人的にはLISKやNEMなどを扱うようになれば、もっと板が厚くなってユーザーも集まりやすいと思います。

 

手数料

bitbankの手数料について解説します。

 

現物取引手数料

上記の通り2018年6月30日まで全ペア手数料無料キャンペーンを行っています。このキャンペーンを利用しない手はないですね!

他の取引所では3~7%のところもあるので、通常でも手数料が安いbitbankは重宝します。

追記:上記のとおり、手数料無料キャンペーンが2018年9月30日まで無料になりました!

 

入出金手数料

  入金手数料 出金手数料
日本円 無料 540円/756円(3万円以上)
BTC 無料 0.001 BTC
LTC 無料 0.001 LTC
XRP 無料 0.15 XRP
ETH 無料 0.005 ETH
MONA 無料 0.001 MONA
BCC(BCH) 無料 0.001 BCC

※仮想通貨の送金手数料は変更になる場合もあります。

 

bitbank Tradeの手数料

新規建ては0.01%で期日決済すれば他の取引所と同じでかかりません。BTC引出手数料は0.0005BTCです。

利益が出た時の徴収は0.2%です。

bitbank TradeのビットコインFXについてはこちらを参考にしてください。

 

評判・口コミ

ユーザー数が上がっているbitbankの評判はどうなのか、ブログやTwitterで調査してみました。

 

メリット

多くのユーザーが満足しています。最近ではZaifのモナコイン取引量を超えた瞬間もあるようです。ZaifやbitFlyerなどサーバーが落ちることがありますが、bitbankは安定しているので安心して使うことが出来ます。

またリップルやモナコインを板で買えるので、手数料を安く抑えて買えるのが1番のメリットですね!

 

デメリット

 

筆者も使ってみてはじめて知りましたが「ETH/JPY」と「LTC/JPY」の通貨ペアがありません。特に困ることはありませんがBTC建てじゃないとイーサリアム(ETH)とライトコイン(LTC)が買えないのはよくない設定ですね。

bitbankは専用スマホアプリがありませんでしたが、ついに2018年4月12日からiphoneアプリがリリースされました!

※Android版アプリもリリースされました!

 

セキュリティ面はどうか?

bitbankは「オフラインウォレット」と呼ばれるネットから切り離したという意味の「コールドウォレット」は全ての仮想通貨で対応しています。また2018年にサイバーエージェントが仮想通貨業界に参入予定ですが、bitbankが提供している仮想通貨取引所参入事業者向けのホワイトラベル提供サービス「bitbank for broker」を採用することが発表されています。

サイバーほどの大手が採用するぐらいですから、顧客の資産管理をしっかり行っていることがわかります。こちらから詳細が見れます。

 

総評

大手のcoincheckやbitFlyerなどと比べると正統派ですね!coincheckなどはアルトコインが販売所のみで手数料がやや高めです。bitbankは手数料無料キャンペーンも行われていますし「ユーザー同士の取引」ができますので、他社よりお得にアルトコイン売買が可能です。

Zaif取引所を使ったことがある方なら馴染むのは早いです。Zaifは2017年の9月ぐらいまではユーザー数が少なく、取引注文が通りにくいデメリットがありました。以前bitbankもそのような傾向はあったようですがが、最近は広告にも力を入れておりユーザー数が増えたおかげで注文が通りやすいという声もあります。

 

bitbankの登録方法

免許書などの身分証をアップロードする必要がありますので、スマートフォンで撮影した身分証明書をアップロードしてくださいね。

 

メールアドレス入力

まずはbitbankの公式サイトを開きます。アプリダウンロードはアカウント作成後おこないましょう。

メールアドレスを入力して「無料口座開設」のボタンを押します。

bitbankからメールが届きましたらリンクを押してパスワードを決めます。できれば、20文字以上でランダムなパスワードにすることでセキュリティが上がります。取引所のパスワードは同じものを使い回さないようにしてくださいね。

パスワードが入力完了しましたら、個人情報の登録です。

 

住所等まで登録が完了すると、次は本人確認書類をカメラで撮ってアップロードします。

免許書等をアップロードすればハガキが来るのを待つだけです。他の取引所と比べてシンプルなので登録で迷うことはほとんどないでしょう。

 

bitbankの使い方

取引所ごとに使い勝手は多少変わりますが、bitbankはどうでしょうか。

 

ホーム画面からの操作方法

アプリのホーム画面は、次のような表示です。画面上部のBTC/JPYをタッチすると通貨ペアの選択ができます。

右上のメニューからは資産状況や入出金、登録情報から本人確認が完了したかの確認ができます。TOPに戻りたい場合は画面左上のビットバンクのロゴをタッチしましょう。

とてもシンプルに作られていて、画面の切り替えがとても速いのが良いですね。Zaifなどはサーバーが重く切り替えが遅いことがありますが、そういったストレスがないのはとても助かります。

 

画面の切り替え方

選択画面です。例えばXRP/JPYを選択後にチャートを押すとリップルのチャート画面を出すことが出来ます。

 

PC画面とチャート

左上のBTC/JPY(通貨ペア)をクリックして見たいチャートを切り替えられます。注文を出すときは右の注文エリアから指値か成行を選択することが可能です。初期の状態では「指値注文」が選択されています。相場の動きが激しいときは、すぐに注文が決まる「成行注文」も使うことをオススメします。せっかく買いたいのに「指値注文が通らない」というリスクを避けるためです。

また上級者向けに、チャート上にトレンドラインを引ける「テクニカル分析」も用意されているので初心者から上級者までストレスなく利用することができます。トレンドラインなどを引いて消したい場合は画面上部の真ん中あたりにある「消しゴムのアイコン」を押すことでリセットできます。

 

ビットバンクのまとめ

アルトコインを板でお得に購入することができる

・リップルやモナコインを購入したい場合は特にオススメできる

・特に取引所に不満の声が無い

ビットバンクはユーザーに良いサービスを展開し、スマホアプリをリリースした際にTwitterで改善点を聞くなど積極的に改善をしている優良企業です。こういった取引所はなかなかないので、他の取引所も見習ってほしいところです。

是非使ってみて、使いやすさを体験してみてください。今度はあなたが友人にすすめたくなると思います笑

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カイチョー

カイチョー

ブログ訪問ありがとうございますm(_ _)m 東京在住・Web業界の30代サラリーマンです。 ポリシーとして出来る限り体験した経験をもとに記事を書いているのと、「事実性」と「ちょっとしたユーモア」を大事にしています。 スマホの方は右下の青い三角マークをタッチすると一番上に戻れますので、そこからメニューボタンを押すとおすすめのアルトコイン記事が見れますので参考にしてくださいね。

-bitbank

Copyright© 仮想通貨ドリーム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.