bluetoothスピーカー

bluetoothスピーカーおすすめ!音楽マニアが厳選しました。

投稿日:2018年7月13日 更新日:

 

bluetoothスピーカーってどれがいいの?
いまは製品が増えてきたから迷うよね。
うん、初めての買うから音質が心配なの。
最近の製品は音質が上がってきてるから、割と満足できると思うよ。
そうなんだ~。おすすめ教えてよ。
おっけー。その前に選び方から説明するね。

スマホで聴ける音楽をもっと良い音で楽しみたいですよね。

bluetoothスピーカーは簡単に運べるのが最大のメリットで、家の中でもお風呂やキッチンなど好きなところにサッと持っていけるのが嬉しいです。また外でも音楽を開放的に聴きたいなんて方には最適です。

そこで今回はおすすめ製品を絞って紹介していきます。記事の後半では用途別のおすすめも紹介しています。

カイチョーはバンドをやっていたこともあり、音にはちょっとだけうるさいです。音楽ジャンルごとの良し悪しにも少しだけ触れているので参考になれば嬉しいです。

 

bluetoothスピーカーの選び方

bluetoothスピーカーを買う際に、最低限気をつけたいポイントをまとめてみましたので参考にしてください。

 

家だけではなくアウトドア用としても使うのか?

最近のbluetoothスピーカーは小さいタイプでも防水・防塵性能付きがあります。お風呂で使いたいなんて場合は必衰ですよね。

防水モデルを選ぶときは「IPX5」以上を選びましょう。大きく分けてIPX5とIPX7、IPX8と3種類あり、これらの違いを表にしました。

防水の規格 防水性能
IPX5  どこから水をかけても機能に保てる
IPX7  水深1mに30分沈めても機能を保てる
IPX8  水深1.5mに30分沈めても機能を保てる

※常温の水道水でのテスト結果です。

カイチョーは防水機能がついたスマホやスピーカーを何種類かお風呂で使った経験がありますが、壊れたことはありません。

しかし海水や、お風呂の浴槽に長時間入れるなどはメーカーも「やらないでね」と言っているので、防水機能があっても無茶な使い方はやめておきましょう。

またコンパクトタイプは外での置き忘れに注意してくださいね。音が流れている間は忘れることはないでしょうが、電池切れになったときは危ないです。

そっか、防水機能はあった方がいいよね。
外で雨が降った時も安心だし、お風呂でも使えるのがいいよね。

 

バッテリー容量もチェックしておこう

bluetoothスピーカーは充電して使いますので、1回の充電で8時間ぐらい使えると合格点です。製品によっては3~4時間しか持たないのもありますが、値段と相談という場合も出てくると思います。

モバイルバッテリーを持っている方はそこまで気にしなくてもいいかもしれません。

 

bluetoothのバージョンに注意

bluetoothは4.1以上を選ぶと、通信が途切れても自動的に接続してくれる機能があります。家で使う分には途切れることがほとんどないですが、電子レンジを使うと電磁波が干渉するので途切れることがあります。

またbluetoothバージョンの数字が上がるにつれて省電力になっていますので、できるだけ大きい数字を選びたいところです。

bluetoothは送信側(主にスマホ)と受ける側のバージョンが違っても互換性があるので、基本的には同じバージョンにしなくても問題はありません。

最新バージョンの「5.0」はiphone Xに搭載されているぐらいなので、それ以外は「4.0~4.2」で十分です。ここ2~3年で出たモデルに関してはそこまで気にしなくて問題ありませんが、かなり古いモデルを買うときは注意してください。

古いスマホでも大丈夫なの?
基本的に繋がらないってことはないから、安心してね。

 

Amazonレビューの見方

Amazonレビューを見るときに星2つと、星1つに注目しましょう。レビュー総件数が少ないとなんとも言えないこともありますが、星1つが10%以上占めている製品は故障が多かったり、品質が良くない傾向があります。

また星3つ以下をクリックして読むと、良いことだけではなく不満足部分のことも書いてあるので参考にしましょう。

細かく他社との比較も書いてくれている文章は信頼性がありますので、要チェックですね。また「色々試して、この製品でやっと満足した」なんてレビューが書いてある商品こそ買いたくなります。

そっか、いつも星5つのレビューだけ見てたよ
星が少ないレビューもチラッと読んでおくと失敗がないよね。

 

音質重視ならステレオタイプがおすすめ

Bluetoothスピーカーのコンパクトタイプはモノラルなので音質というよりかは、コンパクトに持ち運びができることを重視して設計されています。

横長のステレオタイプはサイズが大きくなりますが、音質重視で作られているのでより良い音で音楽を楽しめます。

カイチョーはどちらも使ったことがありますが、横長タイプは運ぶのが面倒なので人によっては置く場所が固定になりがちです。逆にコンパクトタイプや取手があるタイプは持ち運びが楽なので、アウトドアや家の中でも置く場所をこまめに変えやすいです。

力がある男子なら重さも気にならないかもしれないですね。

アタシは力がないから、カイチョー運んでね
わしゃー家来かw

 

最終的には何が決め手になるか?

買い物は人それぞれ予算がありますので、迷ったら単純に値段で決めてもよいと思います。

というのもスペックや見た目も重要ですが、最終的には値段で決めることがほとんどです。そのため10,000円より安いか、高いかに分けて紹介するようにしました。

人によって感じる良い音の基準はそれぞれですが、高音質はあなたの気分を盛り上げてくれます。

逆に質の悪い音は気分を下げます。是非色んなスピーカーを試して、良質な音に出会ってもらいたいと思っています。

 

おすすめbluetoothスピーカー 10,000円以下

主にコンパクトさと防水機能があることに絞って紹介していきますね。

コンパクトスピーカーはある程度ジャンル関係なく、それなりの音が出ますが、ピアノやクラシック音の再現はあまりよくないように感じました。

ロック、ポップス、R&Bなどを中心に聴く方はオススメできます。初めて使うと「結構いい音出るじゃん!」っておどろきますよ。

 

Anker Soundcore Mini 2

出典:Amazon

サイズ 6.95 × 6.95 × 8cm
重さ 207g

Anker社の「soundcore mini 2」は2018年2月2日からAmazonで取り扱いが開始されたスピーカーです。

手のひらサイズでbluetooth4.2、IPX7の防水機能もあります。内蔵マイクがあるので通話も可能。

このsoundcore miniは初代もかなり売れてAmazonレビューが1,000以上あります。ちなみに初代のモデルはSDカードが挿入できましたが、2代目ではその機能はなくなっています。

同梱されるのはMicro USBケーブルです。18ヶ月保証があるのが安心ですね(※注文番号が保証書の代わり)

言葉だけだと伝わらないのでyoutubeのレビューを貼っておきますね。この方の動画すごく良くまとまってます。

英語ですが、音の違いだけは感じ取れると思います。個人的には「2」の方がスタイリッシュなので見た目的にも気に入っています。

より良い音で聴きたい場合は2つ買うとステレオで音が聴けます。野外でステレオなんて贅沢ですね笑

コスパ&見た目のかっこよさで、初心者が買うbluetoothスピーカーとして、とてもおすすめです。

 

ankerは充電器もとてもおすすめ出来ます。これがあれば同時に充電が出来ますし、旅行も安心です。

Macbookでも一部対応しているので、タイプCの充電機と併用できるのは嬉しいですね。

 

SONY ワイヤレスポータブルスピーカー 重低音モデル SRS-XB10

出典:Amazon

サイズ 7.5 × 7.5 × 9.1cm
重さ 260g

安心の日本製ならSONYのSRS-XB10が良いですね。こちらは2017年5月13日に発売されたモデル。

写真のように横に置いて音の響き方を変えて楽しむことができます。ストラップが付いているので、S次フック等と組み合わせて自転車やお風呂などにぶら下げることも出来ます。

本体にNFCボタン(センサー)があるので、対応スマホであればわざわざbluetoothの画面を開くことなく簡単に接続ができます。同じメーカーのXperiaユーザーは特におすすめできます。

連続使用時間は16時間でIPX5の防水機能もあり、カラーも6色から選べます。コンパクトタイプのスピーカーは重低音があまり出ないこともありますが、この製品は程よく重低音が出ます。ポップスはもちろん、ロックやHiphop、最近のR&Bを中心に聴く方におすすめできます。

レビューは「最高!」「大満足!」という声が多いです。

出典:Amazon

一人で聴くのはもちろん、友達といっしょに音楽を楽しめるコンパクトなスピーカーですね。

写真のようにカラーバリエーションは6色展開しています。色で選びたい方にはもってこいの商品ですね。

 

PHILIPS Bluetoothスピーカー BT50

出典:Amazon

サイズ 6.1cm x 6.1cm x 7.6cm
重さ 90g

PHILIPSのbluetoothスピーカーはとっても軽くてコンパクトです。2色使いもお洒落ですね!

写真の他にブラック、イエロー系が2色と全部で5色展開しています。

防水が無いことや長時間再生などには向きませんが、とりあえず安いのでいいからbluetoothスピーカーを使ってみたい!という初心者にはもってこいの製品です。

デメリットは連続使用が4~5時間程度なので、頻繁に使う場合は向かないです。豆に充電する手間が嫌な方はおすすめできません。

スマホもそうですけど軽量化ってのは大事ですね。車で使う場合でもドリンクホルダーサイズなので、スポッっと入れられます。

 

おすすめ高級bluetoothスピーカー 10,000円以上

お金をかければ当然、音のクォリティも高くなり、大音量にしても音割れが起きにくくなります。

でも場合によっては1万円のスピーカーの音質が、5万円のスピーカーとたいして変わらないなんてこともあります。

そういう高音質なスピーカーを選んでみました。

 

SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB3

出典:Amazon

サイズ 約211×80×83mm
重さ 約930g

この長方形の見た目のスピーカーってあんまり見た目がカッコ良いのが少ないんですよね。でもこのSONYの「SRS-XB3」はスッキリとした形で音も良いので、友達に自慢できる一品です。

8,800mAhの大容量バッテリーで最長24時間連続使用ができます。IPX5の防水性能があり、お風呂やアウトドアでも問題なく使えます。

ちょっとした機能として「Extra Bassボタン」で低音の具合を変えることが可能です。場所によって低音を抑えたいなんてケースは活躍できますね。

コンパクトタイプと違って930gと少し重さがあるので、バックに入れて運ぶのは重たいと感じる方もいるでしょう。ほとんど家や車で使うという方に向いてます。

このクラスのbluetoothスピーカーになるとクラッシックのきめ細かい音も豊かに鳴ってくれます。

このモデルはMicroUSB接続以外に、専用ACアダプターが付くので充電の面でも安心して使えますね。

 

Bose SoundLink Revolve+

出典:Amazon

なんだこれランタンか?と思いますよね。

ユニークな形をしていますが、bluetoothスピーカーです。これは音が360度広がるので部屋の中央に置いても、壁際においても反射音で拡がりのある音を楽しめます。

防水性はIPX4なので少しぐらいの雨なら大丈夫と思っておきましょう。

公式いわくBOSE史上最高のポータブルスピーカーと謳ってます。レビューを読んでも満足度がかなり伝わってきます。

「高い買い物だったが、おすすめします」、「音に深みがある」、「取手が便利!」

確かに少し大きめのポータブルスピーカーって運ぶのが面倒だったり、落としてしまうことがあるんですよね。でも本製品は取手があるので運びやすいのが地味に嬉しい。

うーん、欲しい笑 これの下位モデルもあって、取手がなく一回り小さくなってます。ヨドバシで実際に聴いてみましたが、小さいスピーカーにしては音に厚みがあるので満足度は高いと思います。

 

GGMM M3

出典:Amazon

GGMMというメーカーはあまり知られてませんが、質の良いイヤフォンを作っていたり、どの製品も評価は高いです。

この製品は持ち運びには向かないですが、レザーやアルミを使っているので高級感があり、Wi-Fi接続(AirPlay)も可能です。

レビューでは、デザイン&音質が素晴らしいと書いている方が多いですね。

Bose soundlink Mini2より音が良かったという意見もあり、高音質重視ならこっちの方がコスパが良い。

部屋の雰囲気を大人っぽくしたいなんて方にオススメです。

 

Bose SoundWear Companion speaker

出典:Amazon

首にかけるスピーカーの登場です。

イヤフォンやヘッドフォンが苦手という方におすすめしたいです。

防水機能はIPX4で、連続使用時間は12時間です。子供が居たり、周りの音もある程度聞こえるようにしたいなんて要望にも応えてくれます。

通常のbluetoothスピーカーだと家族に怒られる!なんて方にも向いています。これ不思議なんですけど、ほぼ本人だけ音が聴けます。

値段は安くないですが、価格分の価値は十分にあります。一軒家や広いおうちの中を動き回る主婦にこそ良いかもしれません。プレゼントしたら喜ばれるかもしれませんね。

Bose SoundWear Companion speaker ウェアラブルネックスピーカー

Bose SoundWear Companion speaker ウェアラブルネックスピーカー

29,700円(12/11 23:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

この機能が欲しい!用途別おすすめ

これまで紹介してきたのbluetoothスピーカーは主に万人受けの商品でした。

この項目では「○○用」で探してるという方にピンポイントで紹介していきます。

 

テレビのサウンドバー&bluetooth対応で使いたい

出典:YAMAHA公式サイト

誰もが知る楽器YAMAHAのサウンドバーです。

このYAS-108というスピーカーは映画館のような音質でテレビや映画を楽しめます。

価格.comでも部門別で1位と文句なし。

HDMI端子1本で接続ができ、光デジタル入力もあるのでほとんどのテレビで使えます。

専用スマホアプリから細かい音質などの設定も可能なのが嬉しいですね。

テレビの音が聞こえづらいという高齢者へのプレゼントしても人気があります。クリアボイスという機能で、声がかなり聞きやすくなります。

買って正解というレビューがとても多い商品です。

ちなみに4K・HDR対応はこちら↓

 

 

am・FMラジオがメインで使いたい

出典:Amazon

サイズ 幅90 mm×高さ139 mm×奥行99 mm
重さ 約750g

bluetoothスピーカーとしても使いたいけど、ラジオの方が聴く機会が多いという方にパナソニックのお洒落なスピーカーを紹介します。

本体の上にある直ぐに選局できるボタンがあります。充電式ではないので、ACアダプターで挿すか乾電池を入れる必要があります。

類似品でSONYの「SRF-V1BT」という商品がありますが、1万円以上するのとそこまでの満足度がないため、あまりオススメはしません。

この製品は低音が抑えられているため、人の話し声が聴きやすいように作られています。防滴機能もあるので、キッチン周りに置けるのも嬉しいポイントです。

 

デスクトップ・PC用で使いたい

出典:Amazon

パソコン用となると、有線で繋ぐ方が音質が上がるのでオススメですが、スマホなどもbluetoothで繋ぎたいケースはありますよね。

でも音質・コスパ・コンパクトさなどを考えるとbluetooth機能を削って写真の商品をおすすめしたいです。

パソコンで音楽を聴く場合は、youtubeやパソコン本体に入っているitunesやmp3で聴くことがほとんどなので、わざわざスマホを繋げて聴くケースが少ないと思います。

 

どうしてもbluetoothが欲しい場合はローランド(Roland)というメーカーのスピーカーをおすすめします。

ローランドはギターアンプで有名で、とても素直な音が出ることで有名です。本体が少し大きいので、それなりの置き場所が必要です。そしてUSB給電ではなくコンセントで繋ぎます。

間違いなく、音質は音にこだわりたい方でも満足できますね。

 

 

ミニコンポでbluetooth付きが欲しい

出典:Amazon

ミニコンポでbluetooth付きが欲しいならパイオニアの「X-CM56」をおすすめします。むかしからあるタイプなので上の世代でも直感的に操作が可能です。ご両親などにプレゼント用としても向いています。

CDも再生できますし、AM/FMラジオ対応しています。カラーバリエーションは写真以外でグリーンとピンクが選べます。

スピーカーを横にしてフラットに置けるのが面白いですね。

ミニコンポ本体を触ることなく、スマホで電源をオンにできるのが嬉しいポイントです。その他、USBIメモリに入れたMP3ファイルの再生や、NFC機能も搭載しています。コンポなので目覚まし機能があるのも良いですね。

2万円以下で音質もそれなりに求めたい場合は最適のモデルです。パイオニアはSONYやシャープ、TOSHIBAなどと比べると知名度はやや弱いですが、音に関してはとても優れているメーカーです。

DJの機材としてもよく売れているメーカーであり、日々進化している真面目なモノづくりがユーザーに喜ばれています。

 

大音量で使いたい、イベント用

出典:Amazon

Dreamwave Tremorというメーカーで肩に担ぐと、もはやミサイルのようなミリタリー感がありますね笑

50Wの大音量と20,800mAhの大容量電池はまさにパワフルの一言。

IPX5の防水性もあり、NFC対応とただのデカイスピーカーではありません。

デザインがスピーカーに見えないので、ちょっとしたサプライズにもなりそうですね。

 

まとめ

・持ち運びが多い場合はコンパクトタイプがおすすめ

・音質重視なら10,000円以上のを選ぶか横長タイプ(ステレオ)がおすすめ

・お風呂やアウトドアで使う場合はIPX5以上にする

自分に合いそうなスピーカーは見つかりましたか?bluetoothスピーカーにすると部屋を移動してもスピーカーごと移動できるのがメリットです。

デメリットは充電する必要があるというぐらいで、他はとくにありません。ただイヤフォンも欲しい方はイヤフォンを優先させた方が、電車などでも聴けるので使い勝手がいいです。

いまは本当に良い時代で、いいものが安く買えますよね。

学生時代はあんなに聴いていた音楽が、社会人になってからあんまり聴かなくなったという方も少なくありません。いま学生の方は時間があるうちにいろんなジャンルの音楽を聴いてみてくださいね♪

「いい音楽」を「運べるスピーカー」で聴いて癒やされてください。

 

記事下

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カイチョー

カイチョー

ブログ訪問ありがとうございますm(_ _)m 東京在住・Web業界の30代サラリーマンです。 ポリシーとして出来る限り体験した経験をもとに記事を書いているのと、「事実性」と「ちょっとしたユーモア」を大事にしてまっする。

-bluetoothスピーカー

Copyright© 仮想通貨ドリーム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.