BNB

BNB(バイナンスコイン)が高騰する3つの理由

投稿日:2018年4月3日 更新日:

最近は下落が続いていたのでチャートを見る機会も減っていたのですが、ふとBNBのチャートを見たときに「上がっている!」と気付き、色々調べてみると将来性があることに辿り付きました。

時価総額ランキングでも上位に食い込んできているので、期待できるコインです。

出典:coinmarketcap.com

イーサリアムクラシック(ETC)を抜きそうな勢いがありますね!2017年末での順位はだいたい40~50位でしたので飛躍的に伸びてきています。

※追記 2018年6月9日時点では1BNB=1,800円を超える価格が付きました。

 

BNBとは

BNB(バイナンスコイン)は「BNBトークン」と呼ばれることもあります。一体どのような仮想通貨なのか解説していきます。

 

海外取引所BINANCEの独自トークン

BNBは海外取引所であるBINANCE(バイナンス)の独自トークンです。BNBは、2017年7月に上場しておりBINANCEのみで売買が可能です。日本円では買えませんが、ビットコインやイーサリアムをBINANCEへ送金するとBTC建て、ETH建てで購入することが出来ます。

BTC建てとは

BTCで他の仮想通貨と交換することです。例えばビットコインでイーサリアムを買いたい場合はBTC/ETHと表記されている通貨ペアを選びます。

BNBは「ERC20トークン」というイーサリアム(ETH)のブロックチェーン上で新規発行できる統一された規格に対応しています。ERC20トークンはICOを行う際に開発者が容易にできるというメリットがあります。投資家からするとある程度の信頼できるコインと言えます。

 

BNBを使うと手数料が安くなる

BINANCEは海外取引所の中で最も手数料が安く、0.1%と最安ですが手数料をBNBを使って支払うと半額の0.05%になります。ここまで手数料を安くしてる取引所は他にありません。この手数料の割引きは1年ごとに減りますが、もともと0.1%なので気にする必要はないですね。

日本のZaifも「Zaifトークン」がありますが、同じように何かメリットがあると価格が上がりやすくなるのでテックビューロさんに期待したいですね。

 

発行上限枚数

発行上限枚数は2億BNBで、全て発行済みです。BINANCEは3ヶ月に1度BNBの買い戻しをしています。これはリップルのロックアップのようなもので、供給量を減らし価値を上げる仕組みです。最終的には1億BNBまで買い戻す予定です。

 

BNBに投資してもよい

BNBの存在を筆者は「手数料が安くなるだけのコイン」だと勘違いしていましたが、BNB価格は変動するため投資の対象になります。下手に1円ぐらいの仮想通貨に投資するぐらいであればBNBに投資する方が良いかもしれません。

 

BNBのチャート考察

ではBNBのチャートを見ていっしょに考えていきましょう。緑の線がUSD建てで、黄色がBTC建てです。

出典:coinmarketcap.com

 

2017年8月のBNB価格

2017年8月は1BNB=100円以下の価格から200円台を推移していました。

 

2017年9月~11月のBNB価格

2017年9月~11月に特に目立った上昇はなく1BNB=200円~300円をキープ。

 

2017年12月~2018年1月のBNB価格

2017年12月以降は仮想通貨全体が高騰したため、2018年1月には1BNB=約2,000円前後まで高騰しました。

 

2018年2月~4月のBNB価格

その後2018年3月あたりまでは600円台まで下がり、3月の後半から息を吹き返すように1,200円前後まで上昇しています。他の仮想通貨が下がっていた中、なぜBNBが上昇していたのかは次の項目で説明しますね。

 

BNB価格がこれから上がる可能性

BNBは先程のチャートで見てもらったように3月半ばから上昇しています。その要因をまとめましたので参考になれば幸いです。

 

バイナンス利用者が必ず買う

筆者もそうでしたが、手数料が安くなるので「BNB」はまず最初に購入するコインです。BINANCEで取引するのであれば買わない方がもったいないのです。

もともと安い手数料のBINANCEですが、BNBを使って取引手数料を支払うと半額になるので買わない方はいないです。

 

バイナンスユーザーは増え続ける可能性

BINANCEは海外取引所の中で人気の取引所です。取扱い仮想通貨数も多く、取引手数料が安いため今後もユーザー数は伸びていくことが予想できます。そしてユーザー数が伸びれば伸びるほどBNBは買われるので、自然と価格も上がっていきます。

 

BNBが基軸通貨になる可能性

BINANCEは主にBTC建てとETH建ての取引が多いですが、最近はBNB建てにも力を入れています。すでにBNBでの通貨ペアは約40種類あり、日本で人気のNEM、LISK、ライトコイン(LTC)もBNB建てで購入することができます。

BTC建てがどうなるかはわかりませんが、今後BNBが基軸通貨となり全てのコインを買えるようになれば、さらにBNBの人気に火がつく可能性はあります。

 

BNBの購入方法

BNBの買い方を解説していきます。

 

BNB購入までの流れ

BINANCEのアカウントを作成方法などは「海外取引所はBINANCE(バイナンス)がオススメな理由」の記事を参考にしてやってみてください。ここではZaifを例としていますが、他の取引所から送金しても問題はありません。

送金はミスをすると大変ですので、慣れていないかたは0.001BTCなど少量でテストすることを強くオススメします。

 

BNBの買い方

送金が完了しましたら実際にBNBを買ってみましょう。これはBINANCEの取引画面です。

 

①まずBTCかETHを選択します、今回はイーサリアム(ETH)建てを選択しました。

②通貨ペアを選びます。アルファベット順に並んでいますのでBNB/ETHを選択すれば、あとは注文を出すだけとなります。

チャートの下に注文するところがありますので、そこから入力します。初期設定で「Limit=指値」になっていますので、問題ありません。もし成行注文を出したい場合は「Market」を選択してください。

Stop-Limitとは逆指値のことで、主に売りで使います。ここまで下がったら自動的に損切りしたいという場合に使います。少し難しいので無理して使う必要はありません。

price:価格のことです。

Amount:買いたい数量を入力します。下のパーセントは今持っているイーサリアムのうち、どれだけ交換するかというもので「100%」を選択すれば買えるだけ買うということができます。

Totalは合計額のことです。

 

まとめ

BNB(バイナンスコイン)はこれからさらに上昇する可能性がある。

バイナンスユーザーは増えればBNBも自動的に買われる。

BNBが基軸通貨になれば、さらなる高騰が見込める。

バイナンスは2018年3月24日、本社を香港から地中海のマルタ島に移転すると発表しましたので今後中国の仮想通貨規制から離れることができます。

バイナンスCEOであるChanpeng Zhao(ザオ氏)のTwitterで「マルタ島はとても美しい」とツイートしていました。今後ますますBINANCEの動向に目が離せません。

 

記事下

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カイチョー

カイチョー

ブログ訪問ありがとうございますm(_ _)m 東京在住・Web業界の30代サラリーマンです。 ポリシーとして出来る限り体験した経験をもとに記事を書いているのと、「事実性」と「ちょっとしたユーモア」を大事にしてまっする。

-BNB

Copyright© 仮想通貨ドリーム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.