NEM

NEM CREATORS FESTIVAL参加レポート!

投稿日:

2018年5月19日に六本木にあるDMM本社が会場として「NEM CREATORS FESTIVAL」が開催されました!

カイチョーは六本木駅から歩いて会場に向かい、目的のビルが目に入った時は「でかい。。」という感想しかありませんでした笑

公式のミートアップやカンファレンスではないのに、この規模のフェスが出来るのは凄いことです。今回の記事でNEMフェスの雰囲気を楽しく感じてもらえれば幸いです。

 

会場の雰囲気

会場としては文句無しの広い空間で、ビーズクッションでゆっくり休めるところもあり、みんなくつろいでました。

 

ドリンクとお菓子に仕掛け

ぱっと見はわからなかったんですが、用意されていたお菓子がハーベストばかり。。「あ~そういうことかw」隣に居合わせた方といっしょに笑いました。

ハーベストって何だっけ?という方は下記の記事を参考にしてくださいね。モザイクに関しての解説もあります。

 

お水もパッケージが「NEM Dev」と凝っていました。Devはでぶじゃなくてデベロッパー(開発者)という意味ですよ~。

 

会場の入り口でモザイクを受け取る

NEMの機能に「モザイク」という独自トークンを作れるものがあり、会場だけで使えるフェスコインを受け取ってドリンクやグッズと交換、またはクリエイターの方に投票という用途がありました。

運営の方が用意してくれたWebウォレットで受け取りましたが、これがかなり出来が良く、スムーズに決済が出来ました。

1Xem=10フェスコインを貰いました~。

 

NEMbar

渋谷にある仮想通貨決済が可能な「NEMbar」が出張でドリンクを提供していました。30xemって言われると安い気がします(勘違い)

ちなみにNEMのコミュニティの人たちのことを「NEMber」と呼びますのでスペル間違いに注意してくださいね。

 

その他のブース

物販はもちろん、クリエイターブースの方は作ったゲームやウォレットなどを熱く語っている方が多く、多くの来場者が興味深く話を聞いていました。

 

 

司会者&登壇者

今回はフェスですが、少しだけ真面目なスピーチもありましたので簡単に紹介します。

 

株式会社DMM.com スマートコントラクト事業部

大手IT企業のDMMさんからはスマートコントラクトや、NEMのトークンエコノミーについて簡単な解説がありました。

DMMスマートコントラクトのサイトを見ると、既に開始しているマイニング事業で得たすべて利益を、ブロックチェーン事業に投資する予定もあるとのことです。

今回のスピーチではDMMが何をするかの具体的な発表はありませんでしたが、NEMのブロックチェーンを使って何かを開発する可能性は多いにありそうですね。

 

ぃぬxさん

ぃぬxさん本人のTwitterを見る限り準備が大変だったことが分かりますね。かなりハキハキ話す方で「はじネム」の説明も分かりやすかったです。

司会のおねーさんも居たんですが、ほとんどこの方が仕切っていました。スピーチにも慣れている感じで、とても感じが良い方でした。

 

@Dakaoさん

@Dakaoさんの写真が貼れなくてすいません。とても解説が上手な方で、NEMのプログラムにも詳しい方でした。

みんなが気になるcatapult(カタパルト)についても解説がありました。現在はレイヤー構造が2層だが、カタパルトが実装されれば倍の4層になり、コアとAPIの分離(性能上昇)ができる。

さらに気になるのはリリース時期ですが、写真の通り「mijinでのテスト」が現段階であり、正式版のリリースには時間がかかるようです。

「マルチレイヤーマルチシグネチャ」や、「アグリゲートトランザクション」など複数のトランザクションをひとまとめで処理ができることを、分かりやすい図解で解説してもらいました。

 

クリエーターズ

前後半30分に分けてクリエイター達が、NEMに関連する作品を短めに説明していました。個人的に印象的だったクリエイターを紹介しますね。

 

NEMウォレット RaccoonWallet

現在はアンドロインド版のみリリースですが、iPhone版も近いうちに使えるようになるとのことです。

話を聞く限り、公式のNEMウォレットより明らかに使いやすい設計です。またお店で使う方のこと(レジ代わりに)をよく考えており、複数の商品の価格をアプリ内に登録でき、その合計も簡単に出すことができます。

こういった機能は商売する側にとってはとても嬉しいですよね。せっかく仮想通貨決済を導入したのにレジより面倒になっては意味がありません。消費者側だけでなく、事業者側のニーズを掴んでいる点は単純にいいなと感じました。

現在は趣味でやっているので、特にマネタイズしていないとのこと。若い方の発想や勢いには頭が下がりますね~。

>>RACCOON WALLETの詳細はこちら

 

日本茶のブランディング事業 teaguru

日本茶の高いポテンシャルをアメリカに広める事業を行っているようですが、ブロックチェーンを使って生産者の正確な情報や、改ざんがない透明性の高い方向へ持っていきたいようです。

ん~、お茶の販売にもブロックチェーンが採用されるなんて面白いですね。少し前にジビエ食品がmijinのブロックチェーンを物流管理システムとして採用したなんてニュースもありましたが、食品会社にもブロックチェーンが当たり前のように使われる時代がすぐに来そうですね。

 

クイズ大会

フェスの後半には豪華賞品あり!のNEMフェス☆クイズ大会が行われました。NEMに関するクイズでスマホで答えて送信する流れで、正解数とスピードで集計され、結構盛り上がってました!

 

商品ゲットした方のツイート

他にもドローンやタブレットなど本当に豪華でした。

カイチョー個人的にはCOMPに前から興味があったので、欲しかったです(泣)

 

 

クリエィティブ表彰式

カイチョーが唯一投票した「RaccoonWallet」がベストクリエィティブ賞と、コンプ賞のダブル受賞でした!おめでとうございます。

Twitterでも使いやすいという声が多いですね!

二人とも感じがよくて好青年でした。ジャケットを着ていた彼からウォレットの説明を受けましたが「本当にNEMが好きで作ってるんだな~」という気持ちが伝わってきて、何故か嬉しくなりました。

 

まとめ

NEMは仮想通貨の中でもコミュニティが活発的です。このことから決済手段としてNEMが浸透するだろうと考えている人たちが少なくないことが分かります。

こういったコミュニティの発展は間違いなく「価値」に繋がります。改めてNEMの本質に気付かされた一日でした。

仮想通貨のイベントはこれからも増えていくと思いますので、是非積極的に参加してみてください。チャートと、にらめっこの世界とはまた違う空気が感じれますよ。

 

 




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カイチョー

カイチョー

ブログ訪問ありがとうございますm(_ _)m 東京在住・Web業界の30代サラリーマンです。2018年もまだまだ稼げるチャンスはあります。 スマホの方はページの1番上のメニューボタンから人気アルトコイン記事が見れますので、そちらも投資の参考にしてくださいね。

-NEM

Copyright© 仮想通貨ドリーム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.