ウィスキー

ウィスキーおすすめ20選!プレゼントまたは自分用に選び方・注意点も解説!

更新日:

ウィスキーは年月をかけて丁寧に作られる味わい深いお酒です。

はじめは何から飲んでいいのか、いくらぐらいのを買ってプレゼントしてよいのか迷いますよね。

カイチョー(筆者)はお酒でウィスキーが1番好きです。若い頃は、元バーテンの知り合いにあちこちのbarに連れて行ってもらい、様々なウィスキーを試しました。

今回はカイチョーが飲んで気に入ったものや、いきつけのbarのマスターが絶賛しているお酒に絞って紹介しますね。

ウィスキーをある程度知っている方は、目次で読みたいところからスキップしてください。

置いても絵になるウィスキーは上司や、知り合いに贈り物・プレゼントとしても最適なお酒です。是非ウィスキーの世界にのめり込んでもらえたら嬉しい限りです。

すぐウイスキーを選びたい方は目次から「おすすめウィスキー20選」をタッチ・クリックしてショートカットしてくださいね。

 

 

ウィスキーの選び方・注意点

ウィスキーはどんどん試さないと好みの味がわかりません。はじめは直感やデザインで選ぶのもよいです。

とはいえ不味いウイスキーには出会いたくないですよね。ハズれを引かないためには3,000円以上のウイスキーがおすすめです。

特徴を大きく分ければ「クセのあるもの」と「甘みがつよくスッキリしているもの」の2つなので、初心者は甘みの方を選んだ方が無難かもしれません。

ここでは選び方と、主に注意点を解説していきますね。

 

産地で選ぶのは舌が肥えてから

ウィスキーの味を覚えてくいのに正しい順番はありません。かといって産地で選べと言われてもよくわかりませんよね。

色々なウィスキーを10種類以上試していき、今の自分に合うものがわかり、ようやく産地で選ぶようになります。

とはいえ、飲んだことがない産地のウイスキーであれば新鮮度が違うので面白みはあります。

 

日本のウィスキーはまずい?

「日本のウイスキーはまずい」と言われてしまうのも無理はないのです。

日本のウィスキーは規制がゆるく、海外から輸入した安いウィスキーを混ぜても「日本国産」の表示ができます。

よく居酒屋などで見かける「角」、「ブラックニッカ」、「富士山」などがその代表例です。こういった背景があり、一部の蒸溜所では輸入原酒を使った場合、ワールドブレデッドと表記を変えた良い例もあります。

決してすべての日本産ウィスキーがまずいのではなく、安価なウィスキーは、あまり味がよくない傾向があります。これはアメリカのバーボンやスコッチなどでも言えることです。

同じサントリーでも値が張るシングルモルトなどに関してはしっかり作られているので、まろやかな味わいが楽しめます。

 

価格で決めてもいいし、気になったものから試してみる

人それぞれ予算はありますし、価格で決めるのもいいです。う~ん、と迷うより「ラベルが気に入ったから買ってみようかな」というノリで選ぶのもとても大事です。

ある程度、自分で決めると柄も覚えますし印象にも残りやすいです。家の棚に余裕がある人はビンを捨てずに並べて置くと、カッコイイですよ。

すぐビンを捨ててしまうと何飲んだっけ?ってなるので、少しの間は取っておくと次のを飲むときの参考になります。

少量でいいので少し残しておいてから、次のウィスキーを注文した際に飲み比べもできます。

 

年数物の方がより味わい深い

予算に余裕がある方は年数物(16年~)がおすすめです。12年はわりとスタンダードです。

ウィスキーだけではなく、ラム酒やワイン、日本酒も年数をかけて熟成させてものほど深い味わいになります。

ウィスキーに慣れていない初心者がその違いを感じるのは難しいので、その場合は高価なウィスキーにしなくてもよいと思います。

3~5種類ぐらいは試したことがあるという方は年数物の良さを知って欲しいです。

 

贈り物・プレゼント用

ウィスキーの味はクセが強いものがあるので、プレゼント用の場合はスモーキーというよりかは甘みが楽しめる、スッキリとしたものを選ぶ方が無難かもしれません。

事前に聞ければ1番よいですが、好みがわからない場合は万人受けがよいウィスキーをセレクトするとよいでしょう。クセがあるより、甘みが強い方が女性ウケも良いです。

価格は5,000円以上のものにすれば喜ばれると思います。1万円以上になると希少性があるので、さらに満足度も高くなります。

父の日や、知り合いの誕生日、上司・同僚への贈り物として渡し、「こんなの飲んだことないよ!」なんて驚かせたいですよね。

 

おすすめウィスキー20選

主にシングルモルトを紹介します。

価格はリンク先と違っている場合があるので注意してください。

 

ザ・グレンリベット12年

出典:Amazon

蒸溜所 グレンリベット蒸留所
産地 スペイサイド バリンダロッホ
アルコール度数 40%

 

グレンリベットは万人受けするウィスキーであり、ハイボールで飲むのも最適なウィスキーとされています。

ウィスキーとしては比較的クセが少なく、スッキリとした味わいです。

このウィスキーから覚えて他のを飲むと「グレンリベットよりは癖があるな」とか「グレンリベットより香りがある」などの違いが分かってくるようになります。

初心者の方は、グレンリベットと一緒にクセが強いボウモアなんかを注文して飲み比べると、違いが分かりやすいです。

 

ボウモア 12年

出典:Amazon

蒸溜所 ボウモア蒸留所
産地 アイラ島
アルコール度数 40%

 

ボウモアは先程のグレンリベットとは対局にあるクセの強いウィスキーです。

1779年からボウモアは作られており、その歴史は200年以上あります。

スモーキーな香りが特徴的で、ダメな人は「薬くさい」なんて言うこともあります(それがいいのだが笑)

ウィスキーの特徴を説明する時に「ピーティ」という表現がありますが、これは燻製のようないい香りに使われる言葉で、まさにボウモアはこれに当てはまります。

はじめはダメでも1本飲み干した後にはハマってるかもしれませんよ笑

ラーメンでいえば「二郎ラーメン」のようなものでしょうか。是非一度は試してみて欲しいです。

シングルモルト ウイスキー ボウモア 12年 700ml

シングルモルト ウイスキー ボウモア 12年 700ml

3,488円(03/26 19:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

エンシェント クラン

出典:Amazon

蒸溜所 トマーティン蒸留所
産地 ハイランド地方
アルコール度数 40%

 

エンシェントクランはブレンデッドスコッチで、この価格帯にしてはコスパが良い。

1,000円台ですので、お値段相応ですが同じ価格帯のウィスキーと比べると味はいいですね。

ハイボール用として割り切って買うのも良いかもしれません。3,000円以上のウィスキーの良さを知ってしまうと物足りなさはありますが、まずは安いのから試してみたいという方には最適です。

エンシェント・クラン 700ml

エンシェント・クラン 700ml

1,058円(03/27 05:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

クライヌリッシュ 14年

出典:Amazon

蒸溜所 クライヌリッシュ蒸溜
産地 ハイランド地方、ブローラ
アルコール度数 46%

 

クライヌリッシュ蒸留所は1819年創業です。

ウィスキーは茶色のイメージがあると思いますが、クライヌリッシュはゴールドのような色に近いです。

とても華やかな香りと、適度な甘さが特徴です。そして良いウィスキーにある長く舌に残る余韻。

香りは人によってはバニラのように感じるかもしれません。

フルーティな味わいなので女性にもおすすめできる一品です。ちょっと度数は高めなのでストレートで飲む場合は加水して飲んでもよいですね。

クライヌリッシュ 14年 箱入り 700ml

クライヌリッシュ 14年 箱入り 700ml

4,750円(03/26 19:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

イチローズモルト

出典:Amazon

蒸溜所 秩父蒸留所
産地 埼玉県秩父
アルコール度数 46%

 

イチローズ・モルトは日本国産のウィスキーで2007年から5年連続でWWA(ワールド・ウィスキー・アワード)でカテゴリ別日本一を獲り、海外の愛好者もいるぐらいです。

ウィスキーファンからは、クセは少なく飲みやすいと絶賛されています。カイチョーもはじめて飲んだ時は感動しました。

製造元は「(株)ベンチャーウィスキー」という会社で従業員7名でまわしています。

創業者の肥土伊知郎(あくといちろう)氏は日本中のBarをまわり、勉強のためスコットランドにまで視察にいくという仕事っぷりです。

イチローズ・モルトを5,000円以下で見かけたら買いとおぼえておいてください。パーティ用なんかにも向いてますね。

イチローズ モルト&グレーン ホワイトラベル 46% 700ml 1本

イチローズ モルト&グレーン ホワイトラベル 46% 700ml 1本

3,460円(03/27 05:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

アードベッグ 10年

出典:Amazon

蒸溜所 アードベッグ蒸留所
産地 アイラ島南岸
アルコール度数 46%

 

アードベッグはボウモア同様にスモーキーなウィスキーです。

定番なウイスキーなのでどこのバーに行っても見かけることができます。

クセが強い分、好き嫌いがハッキリ分かれます。しかしスッキリ系では物足りない方には、鼻から抜ける独特な香りを是非味わってほしいです。

ウィスキーには、ピートレベルを表す数値としてフェノール値というものがありますが、

・アードベッグ:約55ppm

・ラフロイグ:約50ppm

・ボウモア:約20ppm

といった具合でトップレベルです。ガツンといきたいときはアードベッグを選びましょう。

ピートに関して詳しく知りたい方はピートとは?その意味とウィスキーになぜ使われるのかをわかりやすく解説の記事を参考にしてくださいね。

アードベッグ 10年 箱入り 700ml

アードベッグ 10年 箱入り 700ml

4,000円(03/26 19:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

 

KAVALAN(カバラン)

出典:Amazon

蒸溜所 カバラン蒸留所
産地 台湾 宜蘭県(ギーラン)
アルコール度数 入荷ごとに変わる

 

マニアこそ知るカバラン。これは台湾の蒸留所で作られているウィスキーで、2008年リリースと比較的新しい会社です。

企業名は金車(King Car)という名前で、飲料メーカーです。

写真のソリストシリーズをはじめ、日本で買える銘柄だけでも12種類あります。

熟成に使う樽はオーク樽以外にもシェリー樽、バーボン樽、ワイン樽など様々です。

カバランは200以上の賞を獲得しており、2017年にはISC2017というイベントで「ワールドウィスキー部門最高賞」をとりました。

日本の空港でも取扱いがあるぐらい有名になり、世界のウィスキーファンを満足させるほどになりました。

シリーズの名前がお洒落で、ソリスト(指揮者)、コンサートマスターなどクラシック音楽をかけて名前を付けています。

一時期は入手困難になり売り切れ続出でした。最近ではようやく普通に買えるようになってきましたね。

barに行ってもなかなか出会えないと思います。

カバラン ソリスト オロロソ シェリー カスクストレング 700ml

カバラン ソリスト オロロソ シェリー カスクストレング 700ml

15,950円(03/27 05:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

ラガヴーリン 16年

出典:Amazon

蒸溜所 ラガヴーリン蒸溜所
産地 アイラ島
アルコール度数 43%

 

ラガヴーリンの長期熟成16年ものです。

香りはスモーキーで、強い甘みと独特の旨味がきます。泥炭で付けられた塩っぽい香りもアイラ島ならではですね。

16年ものとしてはコスパがよく、ファンからは金字塔と称賛されています。

パンチ力があるのに繊細さも兼ね備え、クセになるという人が多いです。

2016年には創立200周年記念ボトルが発売されました。

ラガヴーリン 16年 箱入り 700ml

ラガヴーリン 16年 箱入り 700ml

5,670円(03/26 19:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

グレンフィディック 12年

出典:Amazon

蒸溜所 グレンフィディック蒸溜
産地 スペイサイド地方、ダフタウン
アルコール度数 40%

 

世界で1番売れているシングルモルトとして有名なグレンフィディック。

ラベルに鹿の絵が描いてありますが、これは蒸留所の名前の由来にあります。ゲール語で「鹿の谷」と呼ばれ、グレンは峡谷という意味で、フィディックは鹿を意味します。

世界で愛されている理由として大部分を占めているのは「甘み」です。

グレンフィディック自体はライトですが、口に運ぶとフルーティでミツのような甘い香りが広がります。

穏やかなようで、ほんの少しのスモーキーな味わいがあり、調和されたウィスキーなのです。個人的にはロックで飲んだ方が甘みがわかりやすいと思っています。

初心者の方にとてもオススメできます。

シングルモルト ウイスキー グレンフィディック12年 700ml

シングルモルト ウイスキー グレンフィディック12年 700ml

2,790円(03/26 19:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

ジャックダニエル シナトラセレクト

出典:Amazon

蒸溜所 ジャックダニエル蒸留所
産地 アメリカ テネシー州
アルコール度数 45%

 

一般的なジャックダニエルはほとんどの人が見たことがあると思います。アメリカでも代表的なウィスキーです。

よく見る瓶の方は甘みが強く、コーラで割るか、オレンジジュースと混ぜるかというのが一般的です。ある意味そうしないとクセが強く、人によっては飲みにくいと感じるかもしれません。

ある時、ストレートで楽しめるジャックダニエルを見つけました。

ジャックダニエルも上のランクのボトルがあることを知って欲しくて、あえてシナトラセレクトを紹介します。

創業者のジャック・ダニエル氏は音楽好きです。

「フランク・シナトラ」というミュージシャンがこよなくジャックダニエルを愛したことが、民衆に大きく影響を与えます。

”かっこいい大人が飲むウィスキー”のようなイメージが付き爆発的に売れていきます。

さらにThe Rolling Stonesのミック・ジャガーとキース・リチャーズにもジャックダニエルは愛され、ファンも飲むようになりました。その後多数のミュージシャンが飲むようになり、普及していきました。

肝心の味は、芳醇でもろやかな香りが広がります。どのような飲み方をしても味が壊れることなく楽しめます。

シナトラバレルという専用の熟成樽で作られた数量限定のボトルです。

ジャックダニエル シナトラセレクト 1000ml

ジャックダニエル シナトラセレクト 1000ml

12,722円(03/27 05:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

スキャパ スキレン

出典:Amazon

蒸溜所 スキャパ蒸溜所
産地 スコットランド オークニー諸島の南側
アルコール度数 45%

 

SCAPAはラベルが控えめで、箱もウィスキーっぽくないのでお洒落ですね。

ボトルを開封すると強い香りが来て、口に含めばふんわりとした香りが楽しめます。

1点好みが分かれるのが舌触りがざらつきがあります。慣れればなんともないですが、飲んだことがない方へのプレゼントは控えた方がいいかもしれません。

1杯呑んで、くどい感じがしたら1週間ほど置いておくとややまろやかになります。

シングルモルトウイスキー スキャパ スキレン 700ml

シングルモルトウイスキー スキャパ スキレン 700ml

5,312円(03/26 19:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

ザ マッカラン 18年

出典:Amazon

蒸溜所 マッカラン蒸溜所
産地 スペイサイド・クレイゲラヒ村
アルコール度数 40%

 

シェリー樽熟成のウィスキーといえば?と聞かれたら「マッカラン」という感じで覚えるといいと思います。最近ではシェリー樽の入手が難しく、今後シェリー樽熟成ウィスキーが貴重になり価格が上がるかもしれません。

シェリー樽とは、もともと度数の高いワインの熟成に使用された樽のことです。

カイチョーはスペイサイドのウィスキーにハマっていた時期があり、このマッカランもよく飲んでいました。

1番はじめに紹介したグレンリベットもスペイサイドという地域のウィスキーです。

口に含むと穏やかでチョコレートのような香りが感じられます。好みによって加水すればシェリーの香りがより際立ちます。

ザ マッカラン 18年 700ml

ザ マッカラン 18年 700ml

24,329円(03/27 05:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

グレンドロナック カスクストレングス

出典:Amazon

蒸溜所 グレンドロナック蒸留所
産地 ハイランド地方 ハントリー
アルコール度数 54.7%

 

こちらもマッカラン同様にシェリー樽熟成ウィスキーです。

「グレンドロナック カスクストレングス バッチ4」のように名前の後ろにバッチが付きます。

バッチ(batch)とはひとまとまりという意味があり、ウィスキーでは瓶詰めして出荷できるようになった第一回の出荷分をバッチ1とナンバーを付けて売っています。

普及品の場合はブレンダーが調整しているのでバッチナンバーは付けませんが、限定品の品質にこだわったウィスキーのみにつき、アルコール度数もバッチごとに変わるためナンバリングをしています。

ブレンドをしないで瓶詰めするウィスキーは樽番号が記載されています。

カスクストレングスとは加水をしていないという意味で、アルコール度数も高めになっています。

そのため舌がしびれてしまう方やガツンとした感じが苦手な方は、加水して飲む方がよいでしょう。

バランスの良い「グレンドロナック カスクストレングス」は香りも芳醇です。

通が選ぶ一品なので、マッカランだと話しのネタにならないなんて方には最適です。気に入ったら是非バッチごとの味の違いも試してみてくださいね。

グレンドロナック カスクストレングス バッチ4 箱入 700ml

グレンドロナック カスクストレングス バッチ4 箱入 700ml

27,126円(03/27 05:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

バルヴェニー 12年 ダブルウツド

出典:Amazon

蒸溜所 バルヴェニー蒸留所
産地 スペイサイド ダフタウン
アルコール度数 40%

 

ダブルウッドとは名前の通り、熟成に2種類の樽を使います。

初めにバーボン樽で熟成させ、次にヨーロピアンオークのシェリー樽でも熟成させます。

口当たりは飲みやすく、上質なバランスの良いウィスキーです。

シェリー樽を使って得られる柑橘系の苦味と酸味がほどよく交わって、よい意味での複雑な香りが楽しめます。

ウィスキー選びで迷ったらコレ!と言っても過言ではありません。身近な人へのプレゼントでもいいですね。

 

 

アムルット (アムラット) フュージョン

出典:Amazon

蒸溜所 アムルット蒸溜所
産地 インド バンガロール
アルコール度数 50%

 

インドのお酒って馴染みがないですよね。

でもこれは隠れた銘酒ですよ。2010年にウィスキーバイブルで世界第3位になったアムルットフュージョン。

フュージョン(Fusion)ってドラゴンボールでもありましたが、ピーテッド25%とアンピーテッドウィスキー75%をそれぞれ4年間熟成させて、合わせてたものをさらに3ヶ月熟成させます。

インドならではの香辛料のようなスパイシーさと、バニラのようなリッチな味わいが楽しめます。

飲んだ瞬間に、目が見開くようなの甘さが口に広がります。本当においしいものに出会った人って目で分かりますよね。

アルコール度数は50%と高いが口当たりがよいので、それほど度数の高さは感じにくいです。話しのネタにはピッタリのウィスキーですね。

 

カリラ 12年

出典:Amazon

蒸溜所 カリラ蒸留所
産地 アイラ島 ポートアスケイグ
アルコール度数 43%

 

英語のスペルはCaol Ilaと書いてカリラと発音します。

アイラ島のウィスキーで比べると、アードベックやラフロイグほどのピーティな感じはありませんが、フルーティな甘さとスパイシーさが特徴的です。

名前も3文字なのでとても覚えやすいのもメリットですね。名前が長いと、いくら美味しくても忘れてしまいます笑

カイチョーの中ではBarに最低限「カリラ」は用意して欲しいところです。あるとついついオーダーしてしまいます。

アイラ島のウィスキーに挑戦してみたいけど「クセが強いのはちょっと。。」という方にもオススメできます。

カリラ 12年 箱入り 700ml

カリラ 12年 箱入り 700ml

3,812円(03/26 19:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

ジョニーウォーカー ブルーラベル

出典:Amazon

製造元 ジョン・ウォーカー&サンズ社
産地 スコットランド キルマーノック
アルコール度数 40%

 

有名なジョニー・ウォーカーの中でも最高峰とされるブルーラベル。

年間に4000本しか流通しないシリアルナンバーが入った希少性があるウィスキーです。

一言でいうと超豪華なブレンドウィスキーと言えます。

1万樽に1つという貴重な原酒を使っていたり、40年~60年以上の長期熟成原酒などをブレンドされているとの噂。

箱の高級感から、誕生日プレゼントに送るという方も少なくありません。

口当たりはまろやかでスモーキーの香りが漂います。有名なブラックレベルより当然、旨味が強く上品さが増します。究極のブレンドを是非味わってみてください。

ジョニーウォーカー ブルーラベル ギフトボックス入り 750ml

ジョニーウォーカー ブルーラベル ギフトボックス入り 750ml

12,452円(03/26 19:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

ニッカ カフェモルト

出典:Amazon

蒸留所 宮城峡蒸溜所
産地 宮城県仙台市
アルコール度数 45%

 

ニッカ カフェモルトは「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ2017」という品評会で、グレーンウィスキー部門カテゴリー最高賞を受賞しています。

宮崎峡蒸溜所は世界でも希少な「カフェ式連続式蒸溜機」を可動させており、この設備のおかげでクリーンになりすぎず、本来の風味が残ります。

カフェモルトはハイボールにしてもバランスが崩れないという力強さがありながら、味わいは柔らかいという贅沢なウィスキーです。

ニッカの本気をこのカフェモルトで感じてみてはいかかでしょうか。

ニッカ カフェモルト 700ml

ニッカ カフェモルト 700ml

8,500円(03/26 19:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

 

最高級ウィスキーを紹介

この値段までくると半分ネタです笑

でも一生のうち1回ぐらいは飲んでみてみたいですね。しかし100万円って車買えちゃう。。

出典:楽天市場

 

ザ・マッカラン No.6 700ml

ザ・マッカラン No.6 700ml

589,000円(03/26 19:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

まとめ

長々と紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

まとめ

ウィスキーは3,000円以上のものから味がしっかりしてくる

・ゴクゴク飲んではダメ、ゆっくり少量ずつ飲むのがよい

・良質なウィスキーこそストレートで飲んで欲しい

・ギフト、プレゼント用は5,000円以上にするとよい

ウィスキーを飲むようになると、おつまみもこだわりたいですよね。

チョコレートやナッツ、ドライフルーツなどが一般的ですが、ウィスキーに合わせておつまみも変えてあげるのが1番です。

甘いウィスキーにはスイーツなども合いますし、スモーキーなものにはチーズやビーフジャーキーなど燻製されたものが合います。

是非、家呑みやパーティをウィスキーで華やかにしてみてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カイチョー

カイチョー

ブログ訪問ありがとうございますm(_ _)m 東京在住・Web業界の30代サラリーマンです。 ポリシーとして出来る限り体験した経験をもとに記事を書いているのと、「事実性」と「ちょっとしたユーモア」を大事にしてまっする。

-ウィスキー

Copyright© 仮想通貨ドリーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.